何が良かったかって。

昨日・今日とインフォトップ忘年会でした。

 

河口湖の会場まで車で行く事にしたのですが、1人は寂しいと思って同乗者をFacebookで募集したんです。

そうしたら、4名の方が同乗してくれて男5人の楽しい旅行になったのです。

 

ところが・・・

なんか前日から体がだるいな〜と思っていたのですが、朝起きたら熱が何と37度7分!

これはまずい!とすぐに病院へ行って、薬をもらって飲んだのでした。

そしたら、幾分楽になって何とか運転して河口湖まで行けましたね〜。

 

まあ、1人だったら行くの諦めてただろうから、同乗者誘ってて良かったですよ、ええ。

 

いや、もう本当に行けて良かった。

そして、忘年会が最高に良かった。

 

写真を何枚か載せたので、Facebookやっている人はご覧下さいませ。

https://www.facebook.com/ayumu.kodama.5/posts/567817740016008?pnref=story

 

何が良かったかって菅野さんと初めて2人で話せた事と、峰島さんが想像以上のヤバい稼ぎなのを知った事ですね。

 

まあ、後者はそのまんまなので置いておきます。
(それはそれはマジで凄かったんです)

 

菅野さんと話せたのはめちゃくちゃ良かったです。

菅野さんは皆さんご存知のインフォトップ創業者で、現在はもう何だか色んな事業のオーナーで何者か分からなくなっている人。

間違いないのは、この業界を一気に形作った立役者ってことです。

 

話せたのは15分くらいだったのですが、本当に道が開けた感があります。

私の今いる地点って菅野さんも通った道だと思うので、求める答えがパッっと出てくるんですよ。

 

そして、やっぱりステージが上の人は俯瞰して見える範囲が桁違いに広いですね。

知らないうちに信じられないくらい狭い所で生きてました。

自分的には超視野広いと思っていたのですが・・・。

 

とりあえず進むべき道が明確になったし、何か細かい面倒に感じていた事がどうでもよくなりましたよ。

あぶねー!どうでもいい事に気を使う所だった!

ほっといても無くなるね。

 

そんなこんなで、今日は河口湖から帰ってきて「稼ぐ主婦合宿」へ直行。

 

「1億円の稼ぎ方」という講義をした後、右腕の内田に今後の諸々を話しました。

いや、もう話したくてうずうずしてましたからね。

本当にとにかく明確。

 

今月の15日に新入社員が3名入社するのですが、このタイミングで優秀な社員が3名も来るのは最高です。

あれとあれとあれをやりたいので、これをこういう感じで陣容を固めて行きます。

うんうん、良い感じだ。

もっと私もがんばらなくてはです。

 

よし、、、年商10億やるぞ。

 

それにしても「稼ぐ主婦合宿」の雰囲気が、かなり良い感じでビックリしましたよ。

もともと講師と受講生の関係って深かったわけではないはずなのに、受講生が講師を物凄く慕っている感じが伝わってきました。

3名の講師の顔には疲労の色が見えたのですが、本当に一生懸命指導してくれたんだと思います。

 

自分も合宿をやるのでわかりますが、セミナーとは比較にならないくらい疲れますよね。

これまで合宿で指導という経験は無かったと思うのですが、最後のあの雰囲気を作ったのは素晴らしいと思います。

受講生を成長させたのはもちろんですが、同時に彼女たちも成長した事でしょう。

 

これから更に活躍していくと思いますので、「花井志穂」「野崎純子」「森ひかる」の3名にご注目下さい!

本当にお疲れさま!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP