「稼ぎ過ぎおじさん」

ネットビジネスで活躍している年代は、今は私の年齢くらいかもっと下の世代が最近は多いです。

もっと上の世代で活躍している方というのは、今から7、8年前から業界にいるような、いわゆる大御所。

 

年長者の皆様には申し訳ありませんが、新規参入組で36歳以上の成功率は著しく低くなる傾向があるように感じております。

特に最近はYouTubeとかBUYMAとか「若者」向けの媒体で稼ぐ手法が増えていますよね。

ですから、どうしても若い人の方がなじみがあって有利な土壌になっています。

 

実際、先日のインフォトップ忘年会の参加者というのは、昔からいる先輩年長者か、新規参入の若者(20代)という感じでしたね。

「この人見た事無いよな〜」という年長者の方は、いらっしゃらなかったように思います。

 

まあ、年長者の方はこういった会に元々参加しないかもしれないのですが・・・

ただ、です。

 

実はプレイヤーとして多いのは若者よりも、むしろ36歳以上なんですよね。

オープンなセミナーをやるとこの世代の参加者が非常に多く、過半数を超えているような感じもします。

36歳以上のプレイヤーが大いにも関わらず、成果を出されている方が少ない。

実はインターネットビジネスって、こんな状況なんですよね。

ところが!!

 

NBGCではそんな事おかまい無しに成果を出す、「稼ぎ過ぎおじさん」がかなりいます。

30代後半はもちろん、40代もいますし、最近はカメラ転売でバリバリ稼ぐ50代も登場しました。

 

今日はそんな「稼ぎ過ぎおじさん」を代表して、2人のおじさんとの対談動画を紹介致します。

1人目は有馬英昭さん。

実はしっかりとお話をさせていただいたのは初めてだったのですが、完全に「頭のいい人」な雰囲気を醸していました。

今は独立されているのですが、会社でもかなりのポジションにいたのだろうと容易に想像ができます。

そんな重要な職務にいた有馬さんの、サラリーマン時代の嘆き話もなかなか面白いです。

有馬さんは不動産投資をしながら、今流行のYouTubeアドセンスで稼いでいます。

2人目は舘山智之さん。

館山さんは私のサラリーマン時代に使っていた駅を今でも毎日使っている現役サラリーマン。

こちらも今流行っている媒体で稼いでいます。

その媒体とはズバリBUYMAです。

一度は心が折れそうになっていたのですが、何とか盛り返して実績をどんどん積重ねています。

館山さんは有馬さんとは対照的に、サラリーマンを楽しんでいるという雰囲気ですね。

ただ、今日明日あたり同僚の誰かが、この動画を見ちゃうのではないかと思っています。

 

というわけで、過去最大に渋〜い感じで落ち着いた対談動画となりました。

それでは、お楽しみ下さい!

 

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP