しかし、本当に凄い円安ですね。

しかし、本当に凄い円安ですね。

輸入とか輸出とかそんな感じで転売をやられている方には、この急激な円安は少なからず影響が出ている感じでしょう。

実は私もその影響は受けています。


9月28日にこんなショップをオープンしました。
http://premiumstonegallery.com/


こういう天然石ブレスレットって原石の産地は世界各地ですが、加工工場が中国にあるんですね。

ですので、仕入れが中国なんです。

そして仕入れ時の通貨は「ドル」なのですよ。


一番最初にまとまった仕入れをしたのが、8月下旬でした。

その頃って1ドル105円くらいだったんですね。

そこから3ヶ月ちょっとで120円を超えちゃうわけです。

ということは、仕入れコストが1割以上増加しているんですよ。


なんか自分は最初の段階でかなり気合い入れて1000万円とか仕入れてまして、あのときは「やりすぎたかな〜」と思いましたが、正直あの時仕入れておいてよかった感じている今日この頃です。

ただ、在庫には限りがあるので、この先の仕入れは大変になりますね。

普通に国内卸から仕入れるショップは、うちが扱うような高品質な商品はなかなか入手できないでしょう。

卸もそんなリスクある仕入れして在庫したくないでしょうし。


結構難しいんですよね。

希少性の高い石や人気の石って価格が年々上がっていくんです。

数年で倍とかも普通にあり得るんです。

ですので、例えば5年前に超大量に仕入れていて、「それをこっそり隠していれば今は完全に覇王ですよ。

ですから、今うちで持っているこんなのなんかは、寝かしておけば高く売れると思います。


ただ、資金の関係でいつまでも商品寝かしているわけにはいかなかったりするじゃないですか。

商売を回していかなければいけないのです。

あと、決算の関係もあったりで大量の在庫はやばいでしょう。


実は、そんな感じでなかなか奥の深い面白い世界で物販をやっていたりします。

ともあれ、扱う金額が数十万円とかですとそんなでもないですが、数千万円クラスになると為替には敏感にならざるを得ないですね。

円が高くなった時にドルに変えておいて、それで仕入れのときはそれを使ったらいいのかな。

一方で、「円は終わりだから外貨を稼ごう!」って話もあったりしてマジで難しいですよ。

輸出でドルを稼いで、そのお金で仕入れるとかが良いのか・・・

いや、もうワケ分かんないわ。



まあ、そんな今日この頃であります。


話は変わりまして・・・

今月の5日からオフィスが西新宿から恵比寿に移転しました。

これまでは徒歩10分くらいで会社に行っていましたが、車で30分の通勤になってしまったのであります。

それで、往復60分を有効活用したいな〜と思って、あるオーディオ教材を購入したんですね。

なんとなくで買ってみたのですが、これがドンピシャ!

出勤中に学んだ事を、そのまんま会社でその日に生かしています。

セールスレターとか、普段のメルマガのライティングに役に立ちすぎて「なんて運がいいんだ!」という感じ。


普通に仕事を毎日してたら学習時間ってなかなか取れなくて、自分の場合は入浴中と就寝前の読書だけ。

そこに通勤の60分が加わって、今インプット量がかなりいい感じです。

特にセールスレターのライティングもそうなんだけど、コンセプトメイキングの部分にも生きてますね。

もし、通勤とか普段から外を出歩く機会がけっこうあってその時間を有効活用したいのであればこれお勧めします。
http://ayu777.net/web/gendai101/

なんか受動的に聞いているだけでスッと入ってくるので、オーディオって良いんですよね。

もちろん、外を出歩くときじゃなくて家にいて何か作業する時に流しておいても良いですし。


ポイントは何度も繰り返し聞く事です。

1度で身に付く天才なんてなかなかいませんし、自分もいつも流しているうちに入ってくるって感じです。

マジでお勧めですよ。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP