2020年までに一財産築けるでしょ~~。


マジでどうでもいい話なのですが、自宅のテレビを新しくしました。

というのも、理由がありまして・・

 

恵比寿のお店に先日テレビを取り付けました。

こんな感じです。

http://instagram.com/p/49AmDICJz4/

 

そうしたら、このテレビってwi-fiでネットに繋がってYouTubeとか見れちゃうんですよ。

まあ、最近は普通らしいんですが全く知らなくて驚いたわけです。

 

小さい子供をお持ちの方は共感してくれると思うのですが、子供って結構YouTube見てません?

おもちゃレビュー動画が再生回数伸びるのは、自宅で実体験としてわかりますよね。

息子がずっと見てるんで。

 

そのYouTube見ているのが妻のノートPCなんですね。

それで、ずっと見ているわけです。

小さいモニターにかぶりつきで見るのって、目によくなさそうじゃないですか。

あと、妻もPC使えなくて困るし。

 

それで、テレビでYouTubeが見れるなんて最高じゃーんという事で、テレビを購入したわけなのです。

 

いや、しかし今はびっくりするくらいテレビが安いんですよね。

テレビを買おうと思ったタイミングで、ソニーから新しいブラビアが出てたんです。

「4K対応」なんてイマドキのやつ。

 

我が家はそんなに広くないので、49インチのブラビアを買ったんですよ。

そしたら、20万円ちょっとなんですよ。

最新のソニーのテレビが、こんな価格になる時代なんですね・・・

 

ちょっと前には、「1インチ1万円切ったー!」なんて言って、今や1インチ5千円もしない。

本当にテレビが安くなりました〜。

 

それで、「ビジネスチャンスじゃん!」って思った事があるんですよね。

 

今回、恵比寿の店舗でテレビを壁に取り付けたら想像以上にいい感じで、自宅も壁にテレビを取り付けたんです。

これ割と高くて専用の金具と工賃で、6万円くらいしたんですね。

金具なんて原価はそんなしないでしょう。

工賃ってのも、まあ言葉はあれですけど下請けの下請けとか抑えることは抑えられる。

なので、これ超儲かってるんじゃないかと。

 

壁にテレビを取り付けるメリットって多いです。

まずは安全性。

据え置きの場合、テレビが大きくなればなるほど倒れる可能性が高くなっていきます。

地震もそうですし、子供が手をかけて倒しそうになることって結構多いんです。

なので、壁に取り付けたほうが安全なんです。

 

そして、スペース。

テレビを置くラックって、意外とリビングでスペース取っています。

どーーんと、でかいです。

テレビを壁につけると、あれがいらなくなるんですよ。

部屋が広く使えます。

我が家も実際リビングが広くなりました。

日本みたいな住環境ですと、省スペースって効きますからね。

 

あとは、やっぱりオシャレ。

シャレてます。

壁掛けのテレビは完全にシャレてます。

これがあるだけで、部屋のセンスが2割くらい増しますよ。

とまあ、本当に多くのメリットがあるんですけど、パッと思いつくのはこの3つ。

 

それでですよ。

テレビが安くなって、4Kなんて新しいものが出た。

そしてそして、2020年の東京オリンピック。

地デジ対応だったり消費税増税だったり、テレビが売れまくるタイミングって結構あります。

さすがに、2020年にかけては、かなりの特需が見込めるはずなんですよ。

 

で!

この壁掛けの取り付けいけるでしょ〜〜。

2020年までに一財産築けるでしょ〜〜。

 

まあ、もちろん安い取り付け金具が出たり、格安取り付け業者が出てきたりしますわな。

その辺は激しく価格競争があると思います。

 

ただ、、、

ある理由で絶対に他社に負けない、ライバル不在の業者がいるんですよ。

そして、それがたまたま我が家のテレビを取り付けた業者だっていうミラクル。

これを知ってしまって「うわ〜どうやって売ろう〜」なんて妄想が膨らみまくっていますよ。

 

唯一無二の物を持っているって凄いですよね。

もちろん、その唯一無二感がどのレベルなのかを調べる必要はあります。

ただ、場合によってはネットでの、独占販売契約を結びたいレベルです。

今、殆どネットで特別何か気合いを入れているというわけでは無かったので。

 

うちだけでうりたい!!

 

2020年までに売れるテレビの数なんて、マジで信じられないような数でしょう。

そこの数パーセントを取っただけでも、ものすごい売り上げになりますよ。

 

ネットでの独占販売契約を結ぶ

超気合いの入れたLPを作る

各地の代理店さんとの連携の 仕組みを整える

あらゆる広告をテストする

改善

 

こんな感じで超シンプルに、ビジネスを伸ばしていくことができます。

それで、今はどうなっているのかわかりませんが、ネットのプロバイダ契約乗り換えをクロスセルでつけていってもいいんじゃないですかね。

それとも、イマドキのテレビなら購入時に家電店で勧められているのかな。

 

・・・うん、いくらでも妄想できる\(^o^)/

 

とりあえず今日会社に行ったら、うっちーに話をしてみよう♪

ワクワク・・・

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP