人生史上、最もエキサイティングな毎日を送りませんか?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの画像をごらんください

年商推移

弊社の売上高推移となります。

いわゆる、年商ですね。

私の年収じゃないですよ、会社の売上です。


6月末が決算でして、今5期目なんですね。

もうすでに閉めている、過去4期分の売上を並べてみました。

ちょっと決算書を提出する機会があって、それで改めて並べてみたんですね。


そこで思ったのが・・・

「なんかつまんねえ!!」って事です。


5期は恐らく4期よりちょっと良くて、6億円いかないくらいだと思います。

もしかしたらいくかも?

会社の様々な事業が正常に成長しているので、この後は8億円、10億円というのが見えます。

変な事をしなければいくでしょう。


ただ、それってマジで普通じゃんと。

がんばっているようで思ったほど成長していないと、軽く絶望してしまったんですね。


殆ど1人の状態でゼロから1億円までやって、あの時の走り方と成長って、かなりすごかったはずなんですね。

だけど、この4年って・・・ダメだ!!

なんか、普通に想像のつく未来しか、先には無いような感じがするんです。

「見た事のない景色」に出会う事は、この延長線上には無いって感じ。

普通に8億円、10億円と行って、なんかなあ・・・みたいな。


そーんなことを、年明けくらいから、ずっと考えていました。

悶々悶々悶々悶々と考えていました。


それで、思ったわけですよ。

「いや、これ完全に守りに入ってるわ。コンフォートゾーンだわ。」

って。


まあね、子供が2人できたり、社員が増えたりと、守りに入る要素ってのはある訳です。

平和に生きるには、今のままで十分かもしれません。

だけど、自分の欲求を押し殺してまで、平和を生きるなんて人生を選んだ覚えなんて、そもそも無い訳ですよ。

だったら独立してないし、会社に残ってるし。


なので決めました。


来期は年商40億円をやります。

4億円から10倍の40億円です。


このくらいダイナミックに変えようと。

根本から見るべき所を変えようと。

そうすれば、何かが起こると思うんです。


「あら?小玉とうとう狂ったか?暴走か?」

このように、思われたことでしょう。


だけど、元々は完全にゼロですから。

そこから副業で1億円ですよ。

もちろん、それと比べたら難易度は違いますが、アグレッシブに高い目標を掲げて、チャレンジしていくのは刺激的な訳です。

当たり前のようにできる目標掲げても、上場企業でもないので全く意味が無いと思う訳です。

クビ億だって50万部目指すとか言って、かなりバカにされましたからね。

「デビュー作で50万部って世間知らずか」って。

でも、全力で本気でやりました。

結局は全然届かなかったんだけど、それでも凄い結果になった訳ですよ。


なので、攻めの姿勢で10倍。

来期は年商40億円を目指します。


ただね、掲げたのはいいものの、40億円ってのはかなりでかいです。

役員と話し合っているのですが、まだ28億円までしか積み上がっていません。

何をどうしても12億円足りないのです。


会社員時代は予算を作っていたので、数字の組み立ては得意技です。

大企業なんて、正しくもない根拠の元に、上から数字が降ってくるんですよ。

本当に適当に勝手に降ってくる。

明らかにおかしな市場の伸び率想定で、上からきますからね。

ただ、それはやらなきゃいけないんで、その数字をやるための細かい数字を、下から積み上げていくんです。

最初はエクセルの遊びのように数字を入れ替えたりして。

あーだこーだしているうちに数字に戦略を入れていき、現実的に実行してくものを作っていく。



事実そんなもんですよ。

予測なんて当てられる訳がない。

最後は、作った数字をやるだけです。

やるための戦略を練って、その時その時で対処する。

そうやって、1年間をやり遂げます。


とにかく、そのような感じで社内のメンバーは来期の数字に向かって、様々に体制を整えている所です。

私も熱を注入していっています。

28億円の内訳は公開できませんが、全て既存事業を伸ばしていく形です。

そこに、この後12億円を、さらに積み上げていくことになります。

そうやって、この1年を戦い終えた時、今まで見たことのない景色が見えるはずです。

それが、一体何なのかは全く分かんないんですけどね。

今の状態だって、そもそも会社員時代は想像つかなかった世界ですし。


まず、1つやりたいのは社員の年収を全員1億円にしたい!!

それが無理でも、数千万円にしたい!!

カッコつける訳でもなく、綺麗事でもなく、普通にそう思っています。

だってさ、大企業でも何でもない、うちみたいなとこで日夜頑張ってくれてる訳ですよ。

大企業なら勤めている事を自慢できたりするじゃないですか。
(その意義は置いといて)

でも、うちじゃ全くそんな事はできない。

そうであれば、せめて金銭面では報いてあげないといけないじゃないですか。

そのためには、稼がねばならぬって事です。


そこで、ここからが1番大事な話。


年商40億円へ向けて走るにあたって、さすがに今のメンバーだけでは、やりきる事が難しいと思っています。

仕事の量や負荷を変えずに売上を増やすなんて、普通に考えて無理ですから。

そこで、新規に弊社の正社員を募集させていただきます。


こんな長い前置きや所信表明をしたからには、楽な仕事ではありませんよ。

かなり厳しいと思います。

ですが、間違いなくエキサイティングです。

そして、あなた自身の能力は劇的にアップします。

弊社の社員は今独立すれば、間違いなく年収1000〜2000万円は稼ぐ力が全員に付いていると思います。(今すぐ独立されたら困るけど!!涙汗)

私と同じ空間で、私と同じ基準値の元ビジネスに取り組むのですから、能力は上がっていくに決まっています。

間違いなく本当の力がつきます。

ですから、目先でいくら稼ぐとかではなく、エキサイティングな日々を送りながら自分に力をつけたい方には最高だと思います。

そういった方は、ぜひ弊社に入社してください。


それでは、募集要項を発表します。


《募集要項》

・インフォメーションビジネスのマーケティングアシスタント(1名)
・ウェブメディア事業運用・SNSマネタイズ(1名)
・天然石事業ウェブマーケティング及び各種店頭業務(1名)
・各種事務や秘書業務、外注管理などバックヤードアシスタント(1名)

20〜30歳の健康な男性
勤務地:渋谷区恵比寿
勤務時間:11時〜19時
給与:20万円〜、ボーナスあり(年2回)
社会保険完備
試用期間:3ヶ月

【求める人材】
1、地頭がいい事
2、明るく朗らかである事
3、自ら考えて行動ができる事
4、仕事が速い事
5、意図をくみ取る能力が高い事
6、ガッツがある事
7、素直である事
8、商売全般に広く興味がある事
9、稼ぐ事にどん欲になれる事
10、新しい情報に敏感である事
11、本を読むのが速い事
12、フロントラインを走り続けたい人であること


応募は下記フォームよりお願いいたします。

→ https://pro.form-mailer.jp/fms/d016f90c71235


こちらの書類選考を通過した方には、面接を実施させていただきます。

その上で、弊社のカラーに合うのか、業務に耐えるマインドを持っているかを確認し、採用のご案内となります。

応募締め切りは、3月13日(日)いっぱいです。

こちらを過ぎた場合には、書類選考も受付ませんのでご注意ください。


あなたの応募を心からお待ちしています。

一緒にエキサイティングな毎日を送りましょう!!


Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

??小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP