「ここテストに出るからなー」


昨日はFMCプラチナコースでした。


これは、私が主宰するコミュニティである、FMCの最上位コースに当たるものです。

月に1度集まって前月の活動と、翌月の活動予定についてプレゼン。

それを私がディレクションしたり、他のメンバーが質問したり、はたまたアドバイスしたりします。

私にとっても1ヶ月の中で、最も気合いが入る日の1つです。


ディレクションする立場ではありますが、参加メンバーも年商が数千万〜億なので、私自身も得るものがあります。

やっぱり、人と人の交流、それもレベルの高い人との交流は、たくさんの物が生まれます。

本を読んだり教材を読んで勉強するのも良いですが、コミュニケーションをすることで生まれるものの価値って大きいです。

ですから、人と会うって大事ですよ。

ネットの時代だからこそ、その重要性は増していますよね。


ビジネス的な着想を得るのはもちろんそうなのですが、私としては単純にエネルギーを得られるってのもデカイですね。

やる気満々のメンバーが、やる気満々でプレゼンする。

そのプレゼンに対して私が、割と厳しめな指摘を入れていく。

それに対して全力で答えを探し、次月の実践に移していき、さらに大きな結果につなげる。


こんな感じですからエネルギーがうねりを作っているような感じで、そっち系とかそういう次元の話ではなく、体の中に色々入って来るのがわかります。

まー、わかりやすく言えば、元気がもらえてモチベーションが上がり「やるぞー!」ってなるわけです。


人と会うことの価値というか、そういう場で得られる物の価値を甘く見ている人が多いなーと感じます。

FMCでも、せっかくリアルでの交流の場を設けているのに、参加しない人がいるわけですよ。

これはマジでもったいないです。


そのリアルでの交流の場も含めて、FMCメンバーの結果に繋がるように私は色々と考えているわけです。

前にも言ったことがありますが、初心者や結果が出ていない人のやる「良いとこ取り」って絶対にダメ。

何故ならば「良いとこ」が、どこなのか分かっていないからです。

ほらテスト前の勉強とかでも「ここが出る」って分かる人と分からない人っているじゃないですか。

成績良い人とかは何が重要なのかがその理由も含めて理解しているから、ヤマをはって勉強しても、そこを当てることができるんですよ。

でも、そういう事もなく「何となく」でヤマを張っても当たるわけがない。


成績悪い人ってそういう感じ。

全部の中のほんの一部をやるんだけど、そこ大して重要じゃないので、テストに出なくて成績がまた悪くなる。

じゃあ、どうしたらいいかっていうと、先生の言う「ここテストに出るからなー!」をちゃんと聞けばいいんですよ。

それが無ければ、テスト範囲をもれなく全て学ぶしかないわけです。

まあ、大前提としてはもれなくやるのが最初ですよ。

その上で能力の高い人であれば、ヤマはって絞り込めばいいけど、そうじゃなければもれなくやり続けるしかない。


ネットビジネスもそれと同じです。

成果が出ていない人が全体の中の「良いとこ」が分かるわけがないんです。

なので、まずは大前提として、カリキュラムがあるならば、そのカリキュラムをもれなくこなす。

「ここできそう」とか「ここだけで良さそう」は、絶対に結果に繋がりません。


そして、先生の言う「ここテストに出るからなー」を絶対に漏らさないでいること。

大事だから大事って言ってるんです。

当たり前ですが・・・


なので、リアルに人に会ってコミュニケーションを取るというのは私の「ここテストに出るからなー」です。

それをやらないと単位落とします。笑


・・・って言っても聞かない人は永久に聞いてくれないので仕方ないっす。

分かってくれる人が考えを行動に移し、その行動が結果につながればOK。

一生懸命いろんな事を伝えたとしても、100%全員に結果を出させるのは無理です。


なぜなら、誰しもが素直に話を聞くわけではないから。

そして仮に話を聞いたとしても、ほとんどの人は行動に移さないから。


だからこその、これです。

ずっと言ってる。




日付見たらびっくり!

2014年ですって。

もうこれから4年も経つのか・・・。

しかし、4年経ったとしても、大事なことは変わらないです。


時代が移り変わって色んな稼ぎ方が、出て来ては消えていくわけですよ。

でも、いつの時代でも、どんな稼ぎ方でも、結果を出す人は出すし、出せない人は出せない。

そのタイプってのは変わらないですね。


例えばこれ!

→ http://goldenrule-seminar2018.com/


FMCメンバーはきっと全員が申し込んだと思います。

だって、これなんて「ここテストに出るからなー」の最たるものですからね。

それを結果が出ていない人の自己判断で「これはいらないかな」なんてやったら、そりゃあ厳しいですよ。

やっぱり何が重要なのかが分かっていないんだよなとなります。


とはいえ、厳しく言ったりしつこく言ったりして嫌々行動したところで、結果がついて来るなんてありません。

自ら湧き上がって来る衝動から行動をした人になんて勝てませんから。

「モチベーションが上がらなくて」という謎の相談なんてのは出てこない人たち。

そういう人に勝てる訳ないですよね。


ともあれ!

モチベーション云々言っている人は、ここに来てエネルギーをもらったらいいです。

→ http://goldenrule-seminar2018.com/


理屈とかそういうのは置いといて、来たらわかりますよ、リアルは。

「ここテストに出るからなー」です。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP