情報発信者のキレが悪い原因を突き止めました。

私は2012年に発売した『クビでも年収1億円』の中で、初心者が最速で稼ぐためのルートについて提唱しました。


それが、

「ネットビジネス成功のゴールデンルール」

です。


これについては30本の動画を無料公開していますので、時間があるときに見てくださいね。

「ネットビジネス成功のゴールデンルール」を完全無料公開します!






ゴールデンルールでは、

不用品販売

転売ビジネス

情報発信

コンテンツ販売

というステップを踏みます。


今日お話ししたいのは、情報発信の部分のお話し。

ゴールデンルールの中でも、収入が飛躍的な増加を遂げる、ステップがここです。


その手前までの年収が1000〜1500万円だとしたら、ここは3000〜5000万円、そして1億円の足がかりとなるステップとなります。


収入が爆発的な増加を遂げる、非常に重要なステップが情報発信。

ですが・・・

色んな人の情報発信をずーーっと観察しているのですが、キレの良い人が生まれてきません。

私の主宰するFMCのメンバーでも、情報発信をする人が続々増えていますが、本当にキレがよろしくないのです。


とはいっても、FMCはまだ良い方です。

この業界を見回したときに、ナイスな情報発信をしている人は、ほとんどいない状況です。

前は結構いたんですけどね。


今は業界外の情報発信者を見た方が、明らかに良い感じの人がいます。

ただ彼らはSNSが活動の中心で、メルマガを書いていてキレキレの人はあまりいませんが。


そんなこんな色々と見ている中で、我々の業界内の情報発信者が、なぜキレ不足なのかがわかりました。

キレ不足だったけれども、最近キレが出てきたという人も、実は発見しています。


先日、キレが悪い原因として「マーケティング的思考」が、できていないことをFMCで挙げました。

技術的・戦術的な話で行きますと、想定するターゲットがいて、ターゲットに刺さる発信をするのが情報発信のセオリーです。

そして、ターゲットにいかにしてリーチしていくのかという手法、届ける言葉の使い方、チョイスなど「マーケティング的思考」が重要であるという話をしました。


この「マーケティング的思考」を身につけるための入門書として、下記の書籍をオススメしました。


『現代広告の心理技術101』
http://fmc.tokyo.jp/web/psychology_technology101/

『ザ・ローンチ』
http://fmc.tokyo.jp/web/the_launch/

『あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ』
http://amzn.to/1ICQo3r

『不変のマーケティング』
http://amzn.to/1y26VuA

『禁断のセールスコピーライティング』
http://amzn.to/1MdEyhi


・・・FMCメンバーは当然読破したよね?

紹介してから時間が経ってますし、読破してなかったらヤバイっすよ。


最低限、

『あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ』
http://amzn.to/1ICQo3r

だけでも読まないと、もう知らん!!



実はゴールデンルールに沿って行くと、ことらさマーケティングを学ばなくても、スムーズに情報発信へ行けたんです。

でも、今はスムーズに進めなくなりました。


その理由というか原因が面白いもので、


なんと・・・

「転売で稼ぐのが簡単になりすぎたから」

です。


今は転売ビジネスで稼ぐのが本当に簡単になりました。

ノウハウは洗練されてきていますし、便利なツールがどんどん生まれてきますし、外注さんも雇いやすい仕組みができましたし、物流も色々と整備されていますし・・・

頭を使う必要性が下がってきたわけです。

本当に「やれば稼げる」という世界。


私が転売ビジネスを始めた頃は、こんなに環境は整っていませんでした。


リサーチもかなり頭を捻りましたし、私なんかはヤフオクで売っていたのでヤフオクから個別の商売に持って行くためにあの手この手を使ったりして、リピート施策を考えたりもしました。

無在庫ネットショップもやっていて、集客のためにPPC広告やSEOを考えたり、Twitterでも発信をしてみたり、顧客フォローでメールを送ったりしました。


そんなこんな必死にやって、やっと月の利益100万円。

しかも梱包発送を自分でやるという、何とも過酷な毎日です。苦笑


月収100万円の壁が、当時はまあまあ高かったわけで、その壁を越えるために色々やると「マーケティング的思考」が自然と身についていた感じでした。


でも、今は先述の通り、転売で稼ぐのが本当に簡単になりました。

30万円、50万円なんて当たり前のように稼いじゃいます。

「マーケティング的思考」なんて全く不要で稼げてしまいます。

稼げない人は何か人生レベルでの大きな問題があると思います。

ですから、転売ジネスから情報発信のステップの間に、大きな力の隔たりが生まれてしまったわけなんです。


これこそが、ここ最近の情報発信者のキレがない原因だと分析しました。


ところが!!


いや、これは大きな原因の1つですよ。

とっても大きい原因。


「マーケティング的思考」は必要ですし、これが無いと絶対に商売ができない。

死ぬほど勉強しなければいけないし、その勉強は永久に終わりません。


ただ、そのもう少し根元の部分で、さらなる原因をつきとめました。

これを解決・・・

解決というか意識を持って行くというか、そこに力を入れるだけで飛躍的に情報発信のキレが出てくるという点が、私の中で明確になったのです。


業界をパーっと見たときに、情報発信のキレが良い人って、あなたは誰を想像しますか?

そのキレの良い人って、今回私が指摘しようとする点が物凄く強い人たちなんですよ。




・・・長くなりましたので、この続きは明日書きたいと思います。

次もかなり長くなると思いますので。


とりあえずお盆を暇に過ごしている人は「ゴールデンルールセミナー」でも見ておいてくださいね。

「ネットビジネス成功のゴールデンルール」を完全無料公開します!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP