Twitterの驚くべき威力とは?

Twitterのフォロワーが17,000人を突破しました!!



いわゆる「インフォ系」からの情報発信者は「今更Twitterなの?」なんて思ってしまうかもしれませんね。こちらの業界はFacebookと、メルマガ、LINE@が主力ですから。

なんというか、Twitterの世界と、私らの世界とは割と分断されています。Twitterの世界はTwitterの世界で、人間が構成されている感じなんです。そして、その多くがブロガーです。ですので、彼らの情報発信といえば、Twitterとブログなんですよね。

Twitterの威力についてなんですが、こちらを見てください。



私のブログ記事をツイートしたアナリティクスのデータです。どういうことかというと、1ツイートで2,000アクセスをブログに流入させられたということ。

メルマガをバリバリやっている人は、この凄さがわかると思います。メルマガで2,000クリックなんてのは、このご時世かなりハードルが高いです。

ここ最近メルマガのデータを見たら、一番多かったのが1,700クリックでした。

もちろん、Twitterはライトな人が多いので、その先のアクションがどうなるかを見ないと、クリックの価値を測ることはできません。加えて、ブログ記事をツイートするときは、ツイートの目的がクリックさせることになりますが、メルマガですとそこまで直接的じゃないです。

とはいえ・・・

1,700クリックの私のメルマガは、読者数が20万人を超えるわけです。それに対して17,000フォロワーのTwitterで2,000クリックですよ。こんなのはパッと見だけでも、Twitterがいかにアクティブかが伝わるはずです。

ただ、このツイートは他の物に比べて反響が大きかったものなんですね。ブログ記事のツイートの中では、かなりリツイートされたものです。

それでも、普段のツイートでも400〜500クリックは出ます。これは読者10万人弱のメルマガと変わらないと思います。

メルマガ読者が10万、20万人と言っても、今の人はメールボックスを開くことも減り、ほとんど読まれていないんだと思います。ちょっと開封率のテストをしてみて、どれだけの読者が実際に読んでいるかを近々テストしてみますね。

とはいえ、私はメルマガは情報発信媒体としては、超重要なものだと考えています。

プッシュ媒体なので、情報提供のタイミングをこちらでコントロールできます。また、ブログのように他の記事に移動する事がないので、ブレずにメッセージを伝えられます。ですから、特にセールスにおいてはメルマガは最強なんですよね。

ザーッと見たときに、Twitterで活躍している人の中でメルマガをやっている人は、かなり少数であると感じます。Twitterとブログ。そして、最近はYouTubeでビジネス系の発信をするってのがブームになってきているように見えますね。

ただ、やはり最終的に何かをセールスするのであれば、メルマガは外せないと思います。

彼らはTwitterが強いですし、ブログにも検索エンジン経由で多くのアクセスを集められます。もし、メルマガをしっかりとマスターする事ができれば、収益は3〜5倍になるでしょうね。ブログ経由でのメルマガ読者の精読率はかなり高いですから。


これまたメルマガというのもちょっと勘所が違いますので、慣れるのに時間が必要になります。

まあ〜〜〜、でもね、Twitterとブログで収益を出している人ってのは、信じられないくらいに勤勉なんですよ。

こんなツイートをしてしまうくらい。


インフォ系の人は誇大表現や嘘とかで悪いことばっかりしている人が目につきますが、そんな人はTwitterにはいません。なのでスネが傷だらけで歩くことすらままならない私は、なんとか前を向いて真面目に必死にコツコツとTwitterを頑張っています。どうしたら、みんなに価値提供できるかと、全ての原点に立ち返って活動をしています。

Twitterで目立っている結果を出した人は、本当に勤勉で、努力家で、頭も良い。

ですから、取り掛かりさえすれば、物凄い勢いでマスターするでしょう。


とりあえずネットビジネスオタクの私は、全方位で色々な媒体で遊んでいって、良い感じに絡めば良いなと思います。

目先の収益化はとりあえず考えなくて、遊んで遊んで遊び尽くしていきます。新しい事がとっても好きなので、今はTwitterがとても楽しいです。マジで可能性しか感じないですね〜!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP