最短最速で結果をつかむための近道とは?

いやー、GWも明けましたよって感じですが・・・

生活リズムがガタガタです。汗

やっぱり、朝早く起きる生活って、なかなかに辛いですね。


子どもが幼稚園に入るまでは、完全なる夜型生活でお昼くらいまで毎日寝ている感じでした。

それが、幼稚園に入ったときには起床時間が8時に。

そしてそして、今年から小学校へ入学して、6時半起床になったのございます。


GW中は朝起きなくていい毎日だったので、夜更かしをして寝たいだけ寝る日々を送ってしまっていました。

そこから、夜更かしは残ったまま、朝早く起きる日々が始まったわけです。


私が何やるかっていうと、寝ている子どもたちを起こして「着がえろー」「ご飯食べろー」と、たきつけるだけのお仕事。

そして、いってらっしゃーいと、送り出りだしたらおしまいです。

ご飯作ったり、子どもたちの荷物の準備をしたりして、幼稚園まで娘を送っていくのが妻の役割って感じですね。


まあ、はっきり言ってですよ、私なんて何もしていないようなモノなわけですよ。

だけど、妻が早起きして色々とやっているのに、私だけ寝続けているってのはちょっとひどい話じゃないですか。

仕事とはいえ、好きなことをやらせてもらって遅くまでパソコンパチパチやっていて、朝は全く知らんぷりはさすがにヤバイ。

なので、殆ど意味は無いのですが私は家事関係が無能の極みなので、せめて・・・と、やれることをやっている数年間というところです。


しかし・・・眠い・・・

いや、まあ子どもたちを送り出したら、そのあとに寝ることもできるわけです。

だけど、3〜4時間寝たところで起きて、それで2時間ちょっと動いて、また1〜2時間寝るって苦手な感じです。


副業バリバリやってた頃は、睡眠時間3時間を1年間以上も続けていたんですよ。

今思えば異次元の体力ですね。

いっつも風邪気味ではありましたが、それでもよくやれていたと思います。

29歳から30歳の頃ですよ、たしか。

そんな私も今年で38歳ということで、とうとう無理がきかなくなってきました。

ヤバイ・・・


とはいえ、あの時の頑張りのおかげで、今があるのは間違いないですよ。

どこかで狂ったようにやらないと、突き抜けた結果なんで出ませんし。


結果が出るかどうかなんてのは、そこに投じた時間の量に比例します。

もちろん、日本を代表するような大きな結果を出す人ってのは、才能や運の要素が多分にあるでしょう。

ですが、例えばネットビジネスで月収100万円を稼げるようになりたいみたいなレベル感の話であれば、時間の投下量が結果を左右します。


結果が出ていない人に限って、どれくらいやっているの?と聞くと、1日30分くらいみたいな答え。

しかも、毎日ではなくて、やらない日もあったりすると。

そりゃあ、無理に決まってますよ。

圧倒的に時間の投下量が少なすぎ。


なのに、他の楽そうな方法を探したり「効率的にやるにはどうしたら?」みたいな質問をしたりするんです。

いやいや、効率とかじゃないですよ。


ですから、結果が出ない初心者には「今の5倍の時間取り組んでみようよ」というアドバイスをします。

これ言うと「またまた〜」みたいなリアクションをする人がいますが、全くもって本気の真面目なアドバイス。


例えば、人よりも能力が超高ければ、少ない時間でもできるでしょう。

でも、そんなスーパーマンだったら、すでに何かで成功しているわけです。

そうじゃないから、今の時点で上手く行っていないわけじゃないですか。


であれば、投下する時間の量を増やすしかないんですよ。

本当にこれが最短最速で結果をつかむための近道です。


ということでね!

とにかく結果を出したければ、寝る間を惜しんで全ての時間を、そこに投じていきましょう。

何かに取り組んでいて、なかなか結果が出ないのであれば、今の5倍の時間取り組みましょう。

シンプルにこれで結果が出ます。

マジです。



ちなみに!


今日の記事って途中からキレが増したかなーと思うのですが・・・

それは、途中で1時間の睡眠休憩を取ったからです。(眠すぎてぶっ倒れた)


頭から読み直してみて、どのタイミングで寝たか分かったら、あなたは文章のプロ!笑

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP