「自分には才能が無かった」というもっともらしい理由。

結果を手にするために重要なのは「やり込むこと」と「やり抜くこと」であり、この2つに比べると「持って生まれた才能」の比率なんてものは極めて低いと分かりました。

これまでの人生の中で「自分には才能が無かった」と多くのことを僕は投げ出してきましたが、それは言い訳でしかなかったわけです。


もちろん現実的には、続けていると「超えられない壁」に遭遇することはあるでしょう。

常人にはとても超えられないような。

ですが、僕も含め殆どの人が多くのことを、その壁よりもはるか手前で諦め、投げ出してしまっているのです。

「自分には才能が無かった」というもっともらしい理由をもって。


そんなことはありませんか?

僕はそうでした。


ですから、「やり込むこと」と「やり抜くこと」を最重要視するだけで、今よりずっと大きな結果を手にすることができるはずです。

そして、この2つに加え「諦めないこと」を大事にすれば「やり込むこと」と「やり抜くこと」が強化されます。


結果を求めたいのですが、結果ばかりを考えない。

むしろ忘れる。

ただただ考えるのは「やり込むこと」と「やり抜くこと」と「諦めないこと」です。

その時、結果へ意識は向かず、目の前のことに没頭するのです。

結果を求めないことで結果を手にすることができるという、パラドックスのようなお話です。


「やり込む!」
「やり抜く!」
「諦めない!」

今、何かに挑戦している人、挑戦しようとしている人は、これを意識して取り組んでください。

多くの人が、自分が本来迫ることのできる限界値よりはるか手前で投げ出してしまう中、あなたは、あなたの最高地点へと到達することができるでしょう。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP