しみったれたオッサンが生まれ変わる方法はこれだ!!

私が主宰しているコミュニティであるFMCでは、この1年くらいで女性比率がかなり上がりました。

体感では男女比は半々という感じです。

アクティブに活動しているメンバーの比率で言いますと、間違いなく女性の方が多いです。


5月に行われた情報交換会ではこんなシーンもありまして・・・


この時に男性は私から見て左端に固まって見ているのみ。

といいますか、私も何をしていいかわからずに座り込んでいます。汗

まあ、そもそも女性はこういうのが得意なのに対して、男性はコミュニケーションが苦手だったりしますけどね。

幼稚園でもママさん同士はキャッキャ盛り上がりますが、パパさん同士は会話がなかなか盛り上がりません。

ただ、それはさておいても、ここ最近は女性が元気です。


むかーし、むかしはネットビジネスの世界は殆どが男性で、例えばセミナーをやって50名の出席者がいれば女性は5名以下という感じでした。

それが今や、FMCでは半数以上が女性。

FacebookやTwitterを見ていると、FMCだけでなく多くのコミュニティでそうなっている感じがします。


ここで「なぜ、女性が増えたか?」というお話しをしようかなと思ったのですが、それよりも先にお話ししなければいけない由々しき事態があります。

それは・・・男性の弱体化!!

なんだか、最近の男性がとっても弱いんです。

誤解を恐れずに言いますと、若い子も何だか草食系だし、年長者の方に至っては「世の中で役に立たないオッサン」みたいな感じの人が増えています。

何というか、見るからに弱くて覇気が無いんです。

表情も覇気が無いし、声にも覇気が無いし、動きにも覇気が無いし、全体的な雰囲気にとにかく覇気が無い。


「いやいや、覇気なんか関係ないでしょ。覇気で稼げたら苦労しませんわ。」と思うかもしれません。

しかし!!

先日行われたFMCアカデミー賞2019年上半期でプレゼンした面々を見てください。



いや、もうこれ覇気でしょう、覇気だらけでしょう。

でもね、昔はこんな覇気をまとっている人がいっぱいいたんですよ。

私がネットビジネスを始めた頃っていうのは覇気だらけ、修羅の世界でした(それは言い過ぎか・・・)。

それが女性の台頭とともにどこかに行ってしまったんです。


いや〜、どこに行ったのかなぁ。

若者なんかは、ガチベンチャー・ガチ起業の方に行ってしまったのかもしれませんね。

そういう、ガチ系の人にあまり会ったことないのですが、間違いなく社会を変える、世界を変えるという強い想いがあるので覇気があるでしょう。

私は社会を変えるなんて大層なことは考えられなくて、私のところに来てくれた人に「本当の稼ぐ力を身につけてもらい、人生を良い方向へ変える」というのをモットーにして生きています。

本当に、半径何メートルの人を幸せにするとか、そんな感じ。

そんなモットーをもっているわけなので、たとえ「世の中で役に立たないオッサン」のようなメンバーでも、何とか人生を変えてもらおうと私は必死になるわけです。


よくですね、私のTwitterは「精神論や気持ちの話ばっかりのポエムで、具体的なノウハウが何も無くて役に立たん!」と言われています。

確かにビジネスをガチガチにやっている人からしたらそうでしょう。

いや、私だってやることはやっているので、マーケティングの話だったりビジネスのガチな話をしようと思えばいくらでもできます。

でも、あえてそんな話ばかりしています。

もちろん、気持ちだけで上手くいったら苦労しませんし、気持ちだけで何でもできるわけがありません。

ですが、気持ちが無ければ、そもそも上手くいく可能性なんてゼロパーセントです。

気持ちがみなぎっていて、それで初めてスタートラインに立てるわけですよ。


そのスタートラインにすら立てない人が、世の中にあまりにも多いことを私は知っているので、その部分をたきつけるTweetをしているわけです。


Twitterの話はさておき。

私より年長者の方が「世の中で役に立たないオッサン」みたいな人が多くなるのは明確な理由があります。

この年代というのは能力が高ければ、会社で重要なポストについているので、日々は忙しく、仕事内容に関しても充実度は高いはずです。

もちろん、それに伴った収入もあるでしょう。

ですから、ネットビジネスに興味を持っている暇なんてないですし、そもそもネットビジネスに目も行っていないんです。


そうなってくると、どちらかというと、そういったレールから外れてしまった人がこの世界に来る傾向にあります(すでに事業をされている方は別にして)。

もちろん、全員が全員そうだというわけじゃありませんよ。

ただし、傾向としてはかなり高いです。


では「世の中で役に立たないオッサン」がネットビジネスの世界で上手くいかないかというと、決してそんなことはありません。

いわゆる一般社会の評価とはまた違う軸で結果を出すことができるので、諦める必要は全くありません。

結果を出すことはできます。

これまでの、会社や世間の評価は関係ないですからね。


しかし、大幅な変化をしなければいけません。

今のままでは絶対無理で、変わらなければならない。

何十年と自分の中にある「しょぼい考え」「しょぼい常識」「しょぼい心」を思いっきり変える必要があります。


では・・・どうしたら変えることができるのか!?

私も長年指導をしてきて、あの手この手で色々とやってきましたよ。

叱咤してみたり、褒めてみたり、厳しいハードルを設けてみたり、餌で釣ってみたり・・・色々やりました。


そんな中での今の結論はダイエット&筋トレですね。

まずは、覇気の無い見た目を変えるのが手っ取り早いです。

外見から変える。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」ではありませんが、「覇気あるマインドは、覇気ある外見に宿る」と思います。


この方を見てくださいよ。


しらぴょんさん、という方なんですけど、この3枚同一人物です。

左2枚の感じの人がFMCに超たくさんいます。

いや、本当にたくさんいます。

何だかとっても残念な感じです・・・・が!

この一番右の写真は、これもう覇気が満ち溢れているじゃないですか。

「何でもできる感」に満ち満ちていますよ。

覇気がすごすぎて、私は話しかけることも近寄ることもできない雰囲気です。

「あの時はすみませんでした!!!」と土下座してしまうレベルです(あの時ってどの時だ?)


まあ、昔からテストステロンが分泌するから、やる気が出ない時は筋トレをしよう!みたいなことは言っていました。

しかし、しらぴょんさんの様子を見るに、もう別次元の話ですよ。

やっぱり筋トレすごいでしょう。

これ別人になれますよ。

生まれ変わることができます。


もちろん、食事を節制したり、プロテインをガンガン摂ったり、厳しいトレーニングをしなくては、しらぴょんさんのようにはなれません。

ですが、人生を変えるには最短距離なのではないかと思います。

だって、この右端のスーツの人だったら、何やってもできるに決まっているじゃないですか。


ここまで外見と雰囲気が変わるというのは、夢がありますし何より超カッコいいです。

左端の人が右端の人になれるのならば、やる価値は2,000%あります。

やらない理由はありません。


もし、あなたが「しみったれたオッサン」や「世の中で役に立たないオッサン」である自覚があるならば、これは絶対にやった方がいいです。

人生が間違いなく変わりますし、ビジネスだって何だって上手くいくと思います。

上手くいく人って上手くいく雰囲気を持っているんですよ。

本当に抽象的というかふわっとした表現で申し訳ないんですけど、やっぱりそういう雰囲気って存在します。

その雰囲気を手に入れるために、最も確率の高い方法が筋トレだと思います。


ということでね、別の写真も見ていただきましょうか。


変わる、変われる。

これは絶対に人生が変わる。

筋トレしましょう!!



追伸

明日は会社のBBQ&相撲大会。

一年前は柴くんに余裕で負けたので、今年は少しは足掻いてみせます。



千葉くん、弓削くん、吉田くんなど背格好が自分と近い人間は、ひねり倒してやる!覇気だ!!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP