「新しい時代」の訪れ。

7月27日、FMC情報交換会が開催され、会場でアカデミー賞2019上半期のグランプリを発表しました。

発表の模様はYouTubeでライブ配信をしたのですが、見ていただけましたか?

録画版をこちらで公開しています。



今回のFMCアカデミー賞の結果は「新しい時代」の訪れを感じましたね。

これまでのFMC史上において、ネットビジネスを始めてから最短期間でのグランプリ受賞。

5年以上キャリアがあったり、年商で億を超えるプレイヤーを抑えてのグランプリですから、本当にとんでもない事だと思います。


取り組んでいるジャンルというのもアメフトに関する情報発信です。

野球やサッカーのようなメジャースポーツではなく、アメフトでマネタイズですよ。

マイナースポーツでのマネタイズは、多くの人が諦めてしまうところ。

諦めるというよりは「マイナースポーツだから・・」と、挑戦すらしない感じがあります。


でも、マイナースポーツであっても、競技者は熱量高く取り組んでいるし、情報に需要があるのならばコンテンツビジネスは成り立ちます。

それを結果で示してくれた事で「俺が取り組んでいる○○でもマネタイズできるかもしれない!!」と勇気付けられた人も、多いのではないかと思います。


グランプリを受賞した吉野さんのプレゼンは、こちらから見る事ができます。

→ https://fmc-portal.jp/awards2019/2019-10/


先ほど「新しい時代」と言いましたが、FMCのカラーはここ最近で、びっくりするくらいに変わりました。

FMCメンバーのみんなは、様々なジャンルでマネタイズをしていこうとしています。

自分の好きな事や得意な事で、生きていこうと挑戦しています。

そんなメンバーが増えました。


本当にバラエティ豊かで、FMCの中で生活が回るかなーと思えるほどに色んな人がいます。

英語の先生がいれば、手話の先生がいたり、恋愛の先生だっています。

腰が痛かったり膝が痛かったりしたら、治療をしてくれる人もいる。

フットサルで捻挫した時に、すぐに鍼を打ってもらえたり。

カメラマンもいるし、イラストレーターもいる。

アカデミー賞にもノミネートされましたが、着付け師もいたりします。

太ったなーと思えばダイエットの先生もいるし、美味しいものが食べたいなと思えばプロの料理人だっている。

マジシャンもダンサーもいるぞ。

他にも数えきれないほど、色んな人が集ってきています。


いや・・・

マジで楽しい・・・

こんなバラエティ豊かな仲間に囲まれてマジで楽しいです。

FMC最高です。


アカデミー賞のグランプリが決定して、上半期はこれで一旦区切られました。

みんなの気持ちは次に進んでいます。

今回、悔しい想いもした人もいれば、憧れの想いを抱いた人もいるでしょう。

いずれにしても挑戦して頑張って、気合いで全力で走るのみ。

何だってマネタイズできるし、諦めなければ必ず結果は出る。

やるしかないぞー。


そ・れ・で!!

ここでニュース。


小玉歩が主宰するFMCですが、この度、募集ページを一新することになりました。

この募集ページ一新を記念し、期間限定で特別価格の入会キャンペーンを開催します。

募集開始は7月29日の19時です。

このキャンペーンのために新たに用意した特典もあるので、そちらにもご期待ください。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP