『クビでも年収1億円』の広告についてあれこれ


チェックをお願いします! ⇒ 人気ブログランキングへ





今日はお昼から、角川学芸出版に行って取材と広告の打ち合わせでした。

取材では私の地元の新聞が大々的に取り上げてくれるという事で、東京支社長が自ら記者として来てくれたのです。

本当に嬉しい事です。


もちろんセールスという意味で言うと、全国紙に比べたらインパクトはありません。

でも、地元を愛する私からしたら秋田の新聞に大々的に取り上げられるのは嬉しいんですよー。

親も喜んでくれたらいいですね!


その後は広告の打ち合わせでした。


電車だったり、駅だったり、町中だったり、書店だったり、様々な所で広告展開を行っていきます。


雑な人間だと、これら一律同じポスターとか使ってしまうんですよね。

でも、それでは広告効果としてはかなり落ちてしまいます。


というのも、シーンによって人間が広告をどのように見るかって違うんですよ。

電車だったら、降車するまでポスターがずっと目につくので結構じっくり見ますけど、駅貼りのポスターだったら普通は歩きながら見ますよね?

書店の中だったらポスター見て気になった時にすぐに書籍を手に取れますけど、町中で見かけたとしたらそうはいかないじゃないですか。


こういった感じで、そのシーンそのシーンで最適な情報を広告内に載せる事が大事なんですね。

抜かり無く細かい部分を詰めていく事で、広告効果って何倍にも増えていくんです。


大手の広告代理店だったら、ここまで追い込む事は無いでしょう。

彼らの手段としては、影響力の高い媒体に「宣伝バーン!」が主体なので、
そもそもが手法が異なる訳です。

数億~数十億円と言う圧倒的な資金投下ができれば、それで日本を制圧できますが
私はそこまでお金がないので数千万円で最大の効果を出していこうと思います。


起業前は大企業のマーケティング部にいたのですが、あのクラスの会社の広告費は半端無いんですよ!

あそこまでお金使えるなら「どーん!」「ばーん!」でもがさっと回収できます。
(でも広告効果は、以前と比べるとかなり落ちてきていますが)


そんな訳で、首都圏にいらっしゃる方は私の広告を見かける事もあると思いますが
こういった観点で見ていただけると今回の私の出版も楽しめるのではないかと思います。




さてさて、ここでやっと立ち読みのお話をしましょうか!

まあ、書いているそのままなのですが・・・


『クビでも年収1億円』を立ち読みしませんか??


ということです。



過去にちらりと、カラテカの入江さんやアイドルグループ「カレイドナイト」で
Facebookキャンペーンを行った話はしたと思います。

ですので、なんとなーく彼らのサイトを見た方もいらっしゃるでしょう。

あれを今回私がやる感じですね。


この度の「立ち読み企画」は、Facebook内で行います。

発売前の『クビでも年収1億円』の原稿を立ち読みできるというわけなので、
かなりおもしろい企画だと思います。


立ち読みの方法は簡単です。

下記URLにアクセスしていただいて、「いいね!」ボタンを押して原稿を請求する。それだけです。

⇒ http://kubioku.com/campaign/




もし、今までFacebookをやった事が無いという方は、この機会にFacebookを始める事をお勧め致します。


なんだかんだでFacebookはマーケティング視点で見ても面白いコミュニティです。

大企業がうまく使いこなせていない所がまた面白いです。

「これぞ個人レベルで大きなレバレッジをかけられるツール!」という感じです。



というわけで、『クビでも年収1億円』を下記から立ち読みして下さい!

⇒ http://kubioku.com/campaign/
(「いいね!」を押して原稿を請求するだけです)



応援よろしく! ⇒ 人気ブログランキングへ

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP