Community Building2.0 〜最強のコミュニティを作り上げる8STEP〜

Community Building2.0 〜最強のコミュニティを作り上げる8STEP〜の募集を、10月11日20:00から開始しました。

・運営すればするほど儲かるコミュニティの作り方
・メンバーの結果が出るコミュニティの作り方
・みんなが仲良く雰囲気の良いコミュニティの作り方

この3つのどれが知りたいですか?というアンケートをしましたが、その全てを知ることができる講座です。


今回の募集は10月11日(金)20:00〜10月15日(火)23:59となっています。

10月15日以前でも、お申し込みが定員である30名に達しましたら募集を締め切ります。

ちなみに、この記事を書いている段階で7名のお申し込みがあります。


この7名のバランスがとってもいいな〜という感じでワクワクしていますよ。

これまでも私からガッツリ学んでいる2名、私とキャリアが近く実力も実績もある2名(たぶん、誰でも知っている人)、これまでの面識はほぼ無かったのですが非常にこの先が楽しみな3名と、ナイスバランスです。

私とキャリアが近く実力も実績もある2名(たぶん、誰でも知っている人)については既にコミュニティがあると思いますので、講義の内容を聞いた上で自身のコミュニティを見て、これを改修するのか一から作り直すのか考える感じになると思います。

いずれにしても、「まさかここまで考えているとは・・・」とキャリアのある方でも驚くこと間違い無しですので、楽しみにしていてください。


いまだに、「1億円稼いだ小玉です!イエーイ!」的なノリで集客をして、参加者には気合いで実践させて、何となく結果を出しているのを外に垂れ流しているだけだと思っている人たちもいるようで。

そんなの続くわけないし、私はそんなにお馬鹿ではありませんし、いい加減ではありませんってば。

でも、よっぽど洞察力が高くないと、私がやっていること考えていることは、外からは分からないかもしれません。

「ああ・・間違った感じで真似してるな・・・」と感じることも多々ありますから。

やる気はあるのでしょうし、それはもったいないと思いますけどね。

まあ、それはそれか・・・。


基本的にこういったハイエンドの講座は私の主宰するFMCの中だけで募集することがほとんどです。

そんな中、6月に「年間1億円売り上げるLINEステップ合宿」をFMC外でも募集した所、やはりFMC外のレベルの高い方からの参加がありまして、私としても刺激を頂きました。(もちろん、与えるものはしっかり与えましたよ!)

あの感じが今回は再現されるのだな〜と、今から開講がとても楽しみです。

Community Building2.0 〜最強のコミュニティを作り上げる8STEP〜は、「年間1億円売り上げるLINEステップ合宿」よりも、今後のビジネスを展開していく上で重要度の高い講座であることは、誰もが理解していると思います。

そういった意味では、本当に色々なジャンルから実力者や、真剣にビジネスを考える人が集まってくるだろうなと、すでにお申し込みをいただいている7名を見ても感じる所です、ワクワク。


そして、これまでの面識はほぼ無かったのですが非常にこの先が楽しみな3名の中の1人から、こんなメッセージをいただいています。

現在70名ほどのブログアフィリエイトコンサルコミュニティを始めて運営しており4ヶ月が経ちます。
今後、仲間にとって本当にいい環境とサポートができるよう本質を学ばせていただければと考えております。
また、僕自身さらに成長できるよう小玉さんのエネルギーやご経験を肌で感じてみたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。

真面目!良いです!

言葉のチョイスの端々に、真面目さが出ていますよね。

ただ「ブログアフィリエイトコンサルコミュニティ」というのが気になっていて、果たしてこれは「コミュニティ」になっているのかな〜と感じるところもあります。

重要な話なので講義の中でもしっかりと時間を取るのですが、私が考えるコミュニティの定義の1つとして「メンバー同士が相互に助け合う」というものがあります。


これは、言葉から得られる印象からの想像なのですが「コンサルコミュニティ」となると、「主催者対メンバー」という感じで「1対複数」の色合いが濃いように思えるんですね。

こうなってしまうと「コミュニティとしての力」が強くならないんです。

強固なコミュニティであるためには、「主催者対メンバー」「1対複数」の形では、なかなか難しいものがあります。

それこそ何度もお話をしてきたような「設計」の部分になりますね。

まあ、本当に「コンサルコミュニティ」という言葉からの想像なので分からないところなのですが、このような感じでやっているところって多いので、気にかけていただければ嬉しいです。

的外れだったらすみません!


でも、言葉のチョイスって重要なんです。

例えば、FMCの式名称はFrontline Marketing Club(フロントラインマーケティングクラブ)なのですが、これが「小玉塾」という名称にしていたら、全く同じことをやっていたとしてもFMCのようなコミュニティにはなっていません。

「名前だけでそんなに変わるか?」と感じたかもしれませんが、間違いなく変わります。

世界中のコミュニティを勉強している人は知っていると思いますが、名前を変えるだけで上手く行く事例もあります。

ですから、ここは安易に考えてはいけませんよ。


・・・というような非常に細かいマニアックな部分までCommunity Building2.0 〜最強のコミュニティを作り上げる8STEP〜では、お伝えしてきます。

10月11日(金)20:00〜10月15日(火)23:59、もしくは定員の30名までの募集になります。

ノリと勢いで申し込むような講座ではありませんので、まずは募集ページをじっくりとお読みくだだい。

この講座が、あなたのこれからのビジネスに必要だと考え、そしてメンバーの成功のためにも真剣に勉強したいと思っている方の参加をお待ちしています。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP