コミュニティ運営についてのアンケート結果を発表します。

これまでコミュニティ運営について色々とお伝えしてきましたが、そのような中でもみんなが知りたいのってどの部分なのかな〜と思い、アンケートを実施しました。

このようなアンケートです。



3つの中から1つ選んでいただくという単純なもの。

無記名でメールアドレスを入れることも無いので、割と正直なところで回答いただけるのかなという感じ。


FacebookとLINE@でアンケート協力を依頼しまして、1日経った結果がこちら。



約半数が知りたいと考えていたのが「メンバーの結果が出るコミュニティの作り方」です。

そして3割強が知りたいと考えていたのが「運営すればするほど儲かるコミュニティの作り方」で、最も少数派だったのが「みんなが仲良く雰囲気の良いコミュニティの作り方」でした。

個人的な感想としては「メンバーの結果が出るコミュニティの作り方」の割合が思ったよりも大きかったのですが、これはFMCが結果を出せているコミュニティーであると周囲が認識してくれている証拠かなと、とってもポジティブに捉えています。


確かに、全くの初心者からビジネスを始める人たちが集まってきて、毎月のように結果を出す人が生まれるコミュニティというのは、他には無いと思います。

私も10年この業界にいて、私と同じくらいの長さか、もっと長くこの業界を見ている人もいると思いますが、FMCほど「普通の人」が集まるコミュニティってこれまで無かったと思いませんか?

どっちかというと、ネットビジネスって世間のはぐれ者や変わり者がたどり着く所だったんですよ。

私がネットビジネスを始めた頃なんてのは、私も含めて周りはおかしげな人ばかりでした。笑

そんな、おかしげな人だからこそ、突き抜けた結果を出せていたりもしたんだろうなーと。


私なんてのは会社員をやりながらバンドでメジャーデビューしたりと、社会と断絶気味に会社員生活を送っていたと思います。

それが今は、FMCを見ると街を歩けば普通にいる感じの人というか、会社に行ったら同僚に普通にいる感じだったり、要はリアルな社会と断絶していない人が多いです。

ですので、超常識がありますし、しっかりしていますし、社交性が高く付き合いやすいですね。

まあ、それが良いのか悪いのか「普通の人」だったりするんですけど、そんな「普通の人」が結果を出しているってのが最近のFMCの雰囲気。

みんな思いやりがあるし、優しいし、気が良いのでメンバー同士は仲がいいと思います。

ああ・・・「みんなが仲良く雰囲気の良いコミュニティの作り方」は、最も少数派だったから、ここについては興味ないのか・・・。


次に多かったのが「運営すればするほど儲かるコミュニティの作り方」なのですが、実は私はこれが一番多くなるのかなーと思っていたんです。

だって、「コミュニティ運営はバックエンドがすごい。」なんて言って、その合計金額が7億2,000万円よ〜とブチあげたわけですから。

思ったより、みんな真面目にコミュニティをやりたいんだなって感想です。

とっても良いことです。

でもでもでもでも、ビジネスとしてしっかり成り立ってこそ、コミュニテイ運営にコミットできるってもんですよ。

コミュニティ運営そのものがビジネスとして成り立たなければ、他で収益を作る必要が生まれてきて、そのためにコミュニティ運営にコミットできなくなりますから。

ですから「儲かる」ってとっても大事なんです。

儲かって満たされているからこそ、他にも色々と手をかけてあげることができるんです。

ここは無視できないポイントであることは、しっかりと頭に置いておいてくださいね。

それこそ、メンバーが結果を出すことが、コミュニティ運営の収益につながるような設計にすれば、全てが上手く回っていきます。


そして、最も少なかった「みんなが仲良く雰囲気の良いコミュニティの作り方」ですが、まあ、この3つから1つを選べと言われたら最も少なくなるのも分かります。

他の2つが選ばれるのも当然ですよね。

ですが、しつこいようですが、先日行われたバーベキューのこの動画。



なんと言いますか「普通に」楽しそうじゃないですか?

不自然な感じではなく「日常の一コマ」という感じで楽しんでる感じがするわけですよ。

これがとっても重要だなーと私は考えています。

というのも、コミュニティ運営をしっかりやろうとすればするほど、自分がやっているビジネスの中心というか、もうコミュ二ティが生活の一部となってくるわけですよ。

メンバーに成果を出させるってことを考えた時も、コミュニティがメンバーの生活の一部になるくらいじゃないとダメなんです。

これとっても重要ですよ。

重要なのでもう一度言います。

コミュニティ運営をしっかりやるならば、コミュニティが自分の生活の一部とならなければいけないし、メンバーに成果を出させるためには、コミュニティがメンバーの生活の一部にならなければいけない。

それを考えると「みんなが仲良く雰囲気の良いコミュニティの作り方」って、とっても大事じゃないですか。

この逆で「みんなが仲悪くて雰囲気の悪いコミュニティ」を生活の一部にしたら、しんどいし面白くないでしょう。

もちろん、3つから1つを選ぼうとすれば、これが選ばれないというのは分かりますし、私も1つ選べと言われたらこれは選びません。

ですが、コミュニティ運営を成功させるためにも、自分自身が日々を楽しく生きるためにも、外せないポイントなんですね。


3つの中から1つを選んでもらったのは、これを読んでいるみんなの興味を最も引いたのはどれなのか、そして、みんなが最も大事にしたいのはどれなのか知りたかったからです。

ですが、コミュニティ運営を成功させるには、この3つ全て意識しなければいけないですし、1つとして欠けてしまっては上手く運営の歯車が回らないわけです。

メンバーの成果が出るから儲かる、儲かるから雰囲気が良い、雰囲気が良いからメンバーの成果が出る。

これがあるから、これが上手く行くし、そしてこれがあるから、これも上手く行って・・・みたいに相互が噛み合うイメージ。

もちろん、そんな単純な相互関係ではないですけど、この流れでシンプルに分かりやすく言えばそういう感じですね。

あなたの運営するコミュニティが、そのように設計されているか意識してみてくださいね。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP