『クビでも年収1億円』発売初日のわたし。


まずはこちらをチェック! ⇒ 人気ブログランキングへ






9/24 『クビでも年収1億円』が発売になりました!

さすがに嬉しくてたまらなくなり、新宿の書店をちょっと回ってみました。



まずは、紀伊国屋新宿本店へ。

店内に入ると、すぐ左手にある新書コーナーで発見!

 

この店舗の書店員さんはかなりシビアに本を見ているらしく、この場所に置かれるというのはなかなか大変なんだそうです。

これは編集社がいくらプッシュしても、書店員さんが気に入った本じゃないと彼らのプライドにかけて置かないとか・・・

そう考えると、これはとても嬉しい事!



そして、私がいたときに立て続けに2人の方が購入されたので記念撮影をしました。

メルマガを読んで下さっているという事で、実際に購入している所に遭遇できて私もラッキーでした!



ちなみに、この2人同士は知り合いでもなんでもない感じです。

ぜひ、これをきっかけに友達になって下さい!



そうこうしていると、Facebookに小山君の投稿を発見。

「書店でこれは目立つだろー!」という嬉しい画像を上げてくれてました。

 


同時に、川崎のあおい書店より植田さんからの投稿が。

ありがとうございます!

 

 

 

 

そして、私は紀伊国屋新宿南店へ。

大雨の中、傘をさして移動しました!


この店舗では新書コーナーにはまだ展開されていませんでしたが、ビジネス書コーナーで発見!

 

 

 

 

おお!

人気作品に囲まれていい感じでございます!


閉店ギリギリに「蛍の光」が流れる中、嬉しさに浸ってました。

パワーが移りそうだぜ!



そして、最後にブックファースト新宿店へ。

新書コーナーを見ると・・・

 

なんと売り切れ!

おおーーー!


いや、これは小山君の大人買いだな。笑

よく見ると、さっきの写真の背景と同じであります。


小山君ありがとー!



新書コーナーはすっからかんだったので、ビジネス書籍コーナーへ。

しかし、ブックファーストというのはオシャレな書店ですね。


肝心の展開はというと・・・

 

なんと『7つの習慣』の上に!

すごいですねー!


一緒に講演会を行う与沢さんと泉さんの著書もありました。

しかし、このピンクは目立ちますね!



と、こんな感じで『クビでも年収1億円』の発売初日は終了!

首都圏以外は明日以降の展開になるそうで、大阪も今日は入っていなかったみたいです。

店頭に行っていただいた方、申し訳ございません。


今日の所は、とりあえず並べた店舗が多かったのですが明日あさってと、ポスターやパネルが店頭に到着します。

そうなると、ものすごーく目立つ展開になる感じです!


これはかなり見物だと思いますし、インパクトも大きいのでぜひ見に行ってみて下さい。

また明日以降もTwitterやFacebookで続報を流しますね!


引き続き応援よろしくお願い致します!


 

 


最後まで読んでいただきありがとうございました! ⇒ 人気ブログランキングへ

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP