「コロナ鬱」の毎日で、とっても嬉しいニュース。

3月に入ってから、飛び交うニュースは「コロナ、コロナ、コロナ・・・」と本当にコロナ一色。

メンタルが強い方の私でも、ここまでネガティブなニュースばかりだとゲンナリしてしまいます。

これ、普通の人だったら「コロナ鬱」とか、普通にあると思うんですよね。

そんな中、FMCのチャットで嬉しい日報が投稿されました。

今日は、この日報の嬉しさでルンルン気分です。

お疲れ様です。
久しぶりの日報です。

もうすぐFMCに入会してから1年を迎えようとしています。

自分で稼ぐことすら想像も出来なかった情弱人間でしたが、目標の100万円の壁を越え、今月143万円の利益を達成することが出来ています。

数字としての結果が出せたことは
すごく嬉しいことですが、
それ以上に19歳からの夢がようやく…
叶っているという現実が何より嬉しく、
心熱くなるものがあります。

FMCで学んだことを全て書き上げると、
とんでもなく分厚い資料になりそうなほど。

そして最近は
指導者としての自分の在り方についても、
反省と工夫と改善の連続です。

FMCに入っていなければ、
間違いなくアホみたいにマスクやティッシュを買いだめし、無駄な浪費はせず引きこもる生活が、
賢い人間の選択肢だと思っていたはずです。

そんな小玉師匠のFacebook LIVEが大好きな私。
コロナショック+情報発信BSCでの学びを活かして、
挑戦してみようと思い付いたのが、
人生初のオンライン勉強会でした。

師匠のあの LIVEでの自然体な姿が大好きなので、
「講師ではあるが、飾らないありのままの私の姿」を意識して、本日初めて生徒限定にLIVE配信をスタートしてみました。

結果は、、
想像以上の反応で、涙が止まらんほど嬉しくなる感謝のコメントの嵐に本当に感動してしまいました。
顧客満足度が高いということは、
きっと私のフォロワーさんにも需要があると思います。
先ずは次に顧客との差を意識しながらも、
全体へのオープンなLIVEにトライしてみます。
情報発信BSCでの学びが完全に効いています。

自分に厳しく常に努力。
人の倍努力すること。
学びをストップさせないこと。
人に喜びを提供することを追求し続けること。
楽しむこと!


FMCに入ったばかりのビジネス初心者の皆様へ。

本当にこの通りに進めば必ず上手くと思います。



あとは途中で逃げずにやり続けてください。
絶対、小玉さんについていけば大丈夫です。
これからも共に切磋琢磨しましょう。
私も追い越されないようにまだまだ頑張ります。

長々と失礼しました。
改めてFMC最高です。

手話に関する情報発信をしている藤乃さんの日報です。

直近でYouTubeにアップした動画を紹介してくれているあたり、なんて気遣いのできる人だ・・・って思っちゃいます!

もともと、彼女は歯科助手として勤めていたのですが「やっぱり手話に関わることがしたい!」ということで、FMCにやってきました。

そこから1年間ひたむきに取り組みを続け、日報にもあるように「19歳からの夢」が叶ったわけです。


FMCは「ビジネスコミュニティー」なので、売上・利益の話はしますよ。

そこが整っていなければ、どんなに素敵なサービスだって提供を続けることができませんから。

ただ、やっぱり「自分がやりたいこと」に取り組んで生きていけるって、素敵なことだよな〜と感じます。

精神面での充実感が大きいので、間違いなく人生の質が向上していきますよね。


先週も2人の方、これまたどちらも女性なのですが「提供するサービスの成約を初めて頂きました!」という報告がありました。

藤乃さんにしても、この2人にしても、とにかくひたむきに取り組んでいました。

その取り組みの中でも、守破離でいうところの「守」を徹底していたと思います。
(詳しくは藤乃さんの日報にあった動画を見てみてください)


もともと日本人は真似をするのが得意な国民性です。

「守」は得意なはずなんですよね。

ですから、もっともっと「細かいところまでしっかり観察する」ことを意識して、その上で真似をするようにしてください。

観察をしなければ真似もできませんから。

しっかりと観察をして真似することで、今なかなか結果が出ていなくて伸び悩んでいると感じている人も、その壁を超えられますよ!


Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP