「好きなことをビジネスにしよう派」と「好きなことをビジネスにするなんて甘い話はやめろ派」

期間限定で募集する企画である「3STEPメソッド アドバンス」は本日5/12で募集終了します。

→ https://mypage.frontlineworks.me/p/3step/


昨夜から、参加お申し込みをいただいています。

一緒に頑張っていきましょうね。


ここで何をやるのかというと、好きなことや得意なことをビジネスにして稼ぐというもの。

そして、そのビジネスというのはコンテンツビジネスということ。

更に言えば、販売フローの部分で仕組みを構築し、半自動的に売上が生まれる形を目指します。


「好きなことをビジネスにしよう派」と「好きなことをビジネスにするなんて甘い話はやめろ派」がいます。

この2つのうち、私は圧倒的に前者です。


私はかなりの凝り性で、何かにハマると徹底的にはまります。

興味が無いものには1ミリも興味を持ちませんが、一度興味が出てしまうと強烈にマニアックなレベルになっていくんです。

そういったものをビジネスにできたら、これは幸せだよなーと思うんです。


もちろん「自分が売りたいものを好き勝手売る」という趣旨ではありません。

これは、ビジネスとして成り立ちませんよ。

「自分が売りたいものを好き勝手売る」というのが可能なのは、そのジャンルでの世界レベルの権威だけです。

日本レベルでも無理で、世界レベルじゃなければいけません。


私が教えているのは「あなたの好きなこと得意なこと、そのジャンルでしっかりとリサーチをしてお客さんに求められる商品を作る」というもの。

要は「売れるとわかっている商品を作り、それを売る」ということをします。


好き勝手やれるわけではありませんが、自分の好きなこと得意なことのジャンルでリサーチをしていくなら、マニアックなリサーチも苦じゃないはずですよ。

そして、そのジャンルで一生ビジネスをやっていけるなら、私はそれが最高に幸せなことだと思うんです。

そのための学びならば、私だったら本気で取り組めます。

むしろ、稼げるからといって全く興味がないことを頑張る方が、私にはできません。


このビジネスはシンプルに言うと、

1.リサーチをしてお客さんに求められる商品を作る
2.その商品が欲しいと感じるお客さんを集める
3.作った商品をお客さんに販売する

と、この3STEPです。


何か新しいことに取り組むときは、その全体像をシンプルにしてつかむことが大事です。

これから、私たちが取り組むのは、シンプルにこの3STEP。

あなたが自分の好きなことや得意なことをビジネスにしていくには、これをやればOKです。


そして、あなたがこれに取り組む場がFRONTLINE WORKSアドバンスクラス。

同じように、好きなことや得意なことをビジネスにすることにすでに成功している方や、今まさにそれを作り上げている仲間がたくさんいます。


ここ数年・・・いや、この1〜2ヶ月でデジタルコンテンツにお金を使うという流れが一気に進みました。

このビジネスに取り組む人にとっては、過去最高の大チャンスです。

今このタイミングでしっかりとビジネスを形にできれば、一気に波に乗れるでしょう。

実際に、FRONTLINE WORKSアドバンスクラスで、新たに月収100万円を超えるメンバーが今月は3名生まれると見ています。

その3名も、明らかに波に乗っている感じがバリバリありますね!


大げさでなく、このタイミングでコンテツビジネスに取り組むかどうかは、あなたの人生を左右すると思います。

一番結果が出やすいタイミングで取り組んだ方が、良いに決まってますしね。


ぜひ、あなたが未来に向けた挑戦へ踏み出すことを期待しています。

→ https://mypage.frontlineworks.me/p/3step/

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP