副業でいくら稼いだら独立していいのか?~ここを間違えると大変~

今回は「副業でいくらぐらい稼げたら独立するべきなのか?」をテーマにお伝えしていきます。

「私の副業はお小遣い稼ぎなんで・・・」

こういった人には関係ない話なのでこれ以上は読まなくてOKです。

逆に「副業で将来的に稼げるようになりたい」「ゆくゆくは独立・起業したい」という人には、本当に大事なことをお伝えしますので、このまま読み進めてください。


ネットビジネスから副業を始める人って圧倒的に多いんですね。

僕自身も会社員時代に副業からスタートして、最終的には会社に副業がバレて、そのまま会社を辞めるというか、なかばクビ同然みたいな流れでした。

ただ、その時には月700万円くらい稼いでいました。


そんなこんなで今はFRONTLINE WORKSというビジネスコミュニティを運営しているのですが、そのなかで

「副業でいくら稼いだら独立していいですか?」

という質問をけっこうな割合でいただくことが多いんですね。


正直なところ、「ズバリいくらです」ってお答えするのはかなり難しいんですよ。

なぜなら「稼いでいる金額よりも、どんなビジネスやっているか、どのようなどのような稼ぎ方をしているか」のほうが重要だからです。


たとえば「月に200万円を稼げるようになりました」という話を聞いたら、それはもう金額的には独立していいですよね~ってなりますよね?

しかし、その稼ぎ方が単純にAmazonで買った商品を転売しているビジネスだったとしたら・・・

僕は「ちょっと待てよ。それで独立は危険だな~」と思ってしまうんですね。


だってですよ。


仮にAmazonが「今日から個人で購入したものを転売することは禁止します」というルールを設定したら、明日からの収入はいきなりゼロになるわけじゃないですか。

そして、この人はAmazonでの転売しかやってこなかったので、他の稼ぎ方は知らないし、できないわけですよ。

だから月に200万稼いでいたとしても、いきなり翌月からゼロになる可能性がある。

これってヤバくないですか?


結局はAmazonというプラットフォームを利用してビジネスしてるわけです。

商品も自分のオリジナル商品ではなくて、どこかのメーカーのものですし・・・

正規ルートではない仕入れ商品を販売しているわけで・・・

これはもう「商品」も「売り方」も「誰か」の「何か」に乗っかったビジネスだってことになってしまうと僕は思うんです。

つまり、自分以外のところでコントロールされている要素が多すぎる。


もっといえば、その200万円は、究極、自分の力で稼いだお金かと問われたら、ちょっと怪しいし、微妙だなって感じませんか?

だって何も自分のオリジナルがそこにはないから。

反対に、同じ物販だとしても、どこかの小売り業者から買ってきたものでなく、自分でメーカーを探してきて自分のビジネス専用の商品を共同開発したり、海外で生産するOEMとかで、自分でオリジナル商品をつくり・・・

それらをAmazonや楽天などのプラットフォームを利用することなく、自分で作って運営しているネットショップで販売して月に50万円の利益が出ている状態。

こういう場合であれば、僕は独立してもいいって思うんです。


Amazon転売で月200万円より、こっちの月50万円のほうが圧倒的に安定している。

理由は簡単です。

「商品」も「売り方」も「誰か」の「何か」に乗っかっている要素が限りなく少ないから。


そして、この場合の月50万円というお金は、間違いなく自分の力で稼いだものです。

ショップにファンがついていれば、リピート施策も簡単に組めますし、そのような仕掛けや施策をしていけば、売上は自然と右肩上がりで伸びていくものです。

もちろん、ちゃんと運営していなければ、簡単に飽きられて、売上は自然と下がっていく。

でも、ちゃんと運営するかしないかは、自身でネットショップをつくっている場合には、自分でコントロールできる部分じゃないですか。

ようするに、努力と行動量の差なわけです。


これまでの話をいったんまとめると、

「誰か」や「何か」のプラットフォームで販売したり・・・

自社のオリジナル商品ではないものを販売したり・・・

こういった自分のコントロール外の要素が多いビジネスというのは、いくら稼いでも結局のところ足元がグラついていて、とても危ないといえます。


一方で、自分がコントロールできる要素が多いビジネスで稼いでる人ほど、足元が安定しています。

つまり、いかに足元がしっかりしているのかというポイントが、独立を考えるうえでは重要になってきます。


なんかこういう話をお伝えすると、

「えっ⁉ 小玉さん? 転売は稼ぎやすいからオススメっていってたじゃないですか?」

と感じる人も少なからずいるかと思います。


実際に僕も「初心者は転売がいいよ」「転売やろうぜ」っていってますし、転売は最高に稼ぎやすいし、本当にこんなに簡単に稼げるビジネスって他にないと思っているんですね。

だって、他のビジネスをやっていて、何ヶ月も努力したけどダメだった人が、転売を始めた途端、急に月に50万円稼いだ、なんて話がゴロゴロありますから。


ただ、ただですよ。

僕が本当に伝えたいことは「転売が稼げる」って単純な話ではありません。

「いったん転売で稼げるようになったら、次のステップに進んでほしい」ってこと。

自分のビジネスへの取り組みや姿勢っていうのは、常に進化させていかなければならないんです。


そう強く感じるのには、ちゃんとした理由があります。

僕自身、10年以上にわたりネットビジネスをやっていく過程で、月に何百万円とか稼げるようになったのに、いつまに稼げなくなり姿が見えなくなってしまった人たちをめちゃくちゃ見てきたわけです。

では、なぜその人たちが稼げなくなったのか?

もう理由は明確で、「誰か」や「何か」のプラットフォームや情報、仕組みやシステム、サービスなどに超依存していて、その時は稼げてるからいいやーみたいな感じで、結局そこから挑戦も進化せず、のほほーんと暮らしていたからです。


はい、完全に現状維持ですね。


世の中や社会、人間関係などすべて「移り変わり」があるのが当たり前で、ずっと同じ稼ぎ方がずっと通用するっていうのは、ほとんどないって僕は思うんです。

また「誰か」の「何か」に長期間、依存し続けるってリスクしかないわけですよ。

月に100~200万円稼げるようになっても、それが1~2年とかで突然ゼロになったら、そんなの意味ないじゃないですか。

今は人生100年時代ですからね。


結論として、最初は「誰か」や「何か」のプラットフォームや情報、仕組みやシステム、サービスなどの乗っかったビジネスで全然OKですし、そのほうが稼げるようになるスピード速いので初心者にはマジでオススメなんです。

やっぱり、副業を始めるにあたって、稼げない期間が長ければ長いほど、精神的にも体力的にもしんどくなっていくわけですから。

ただ、本当に大事なのは、そこから次にどうビジネスを進めていくのか、進化させていくか、ということに尽きるって話なわけですよ。

具体的には、自分のコントロール外の要素を減らしていくための戦略を考えて、どれだけそれらを実践できるか。

現状維持に甘んずることなく、日々、挑戦と進化を目指していくことが、ビジネスをしていくうえでも非常に重要です。


最後に今日のテーマである「副業でいくらぐらい稼げたら独立するべきなのか?」という質問に対しての僕の答えは・・・

「誰か」や「何か」のプラットフォームに頼らず、自分の力で月に50万の利益が出るくらいになったら、独立してもいいのかなって考えています。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

PAGE TOP