じゃぶじゃぶ池での発見。


昨日はとっても暑かったので、子どもが水遊びできる、大きめの公園に行ってきました。

ちゃんとしたプールではなく、いわゆる「じゃぶじゃぶ池」みたいな、そんな感じのところですね。

ちょっとググってみてください。


水深なんて膝までも無いので、私と妻は水に入らずに、横でずっと見守っている感じです。

ボーッと見ているとですね、ちょっと気づいた事があるんです。


この前のメルマガで、私のビジネスポリシーのお話をしたじゃないですか。

かっこいい事をやりたいって。

それに関連する事なのですが・・・(いや、関連するようでしないか)


かっこいいお父さんと、かっこよくないお父さんがいるんです。

公園を見渡していると、何だか明らかに違うんですよ。

これ、何が違いを生んでいるのかを、分析ってほどでも無いんですけど、じっくり見てみたわけなんです。


まず、服装は関係ありません。

みんな濡れる前提で来ているので、Tシャツと短パンです。

年齢も幅広いので関係無いです。

髪型はちょっと関係あるけど、それほどでもないですね。


じゃあ、違いって何だと思います?

えっ、興味無い??


いやいや、いいじゃないですか〜。

ちょっと聞いてくださいよ。


かっこいいお父さんと、かっこよくないお父さんの違い。




それは・・・

腹の出方と、姿勢でした。


要は太っていて姿勢が悪くて猫背だったりすると超かっこ悪いんです。

かっこ悪いというか老けて見えますね。


かなり大きい公園なので、それこそ100人とかのお父さんが、そこらじゅうにいる訳ですよ。

年齢がそこそこ上だったり、髪の毛が薄い人もいたりします。

でも、それって関係無いんです。

体型が維持できていて、姿勢がピンとしているお父さんが圧倒的にかっこよく見えます。


幼稚園の父親参観の時は、たくさんのお父さんがいます。

だけど、その時ってのは私もその中に紛れる訳です。

ですが、昨日はシートに座って、ボーーーッと見ていたので、気づく事ができたんですよ。

やっぱり客観的に物事を見るって、どんな時でも大事ですね。


私も36歳になってしまいまして、代謝も急激に落ちています。

10年前と比べたら、5キロくらい体重が増えています。

さらに、いつもスマホを見ているので、最近ちょっと姿勢が悪いです。


でも、これではダメだ!!!!!

このままじゃ、どんどんかっこよくないお父さんになる!!!!


特に私なんてただでさえチビですからね。

チビの上にデブときたら、あとはハゲだけになります。

結構コンプリートできる素質があるので、マジで気をつけないといけません。

ただですね、髪の毛が少なくても体型が維持できていて姿勢が良いと、普通にかっこよく見えます。

なので、本当にこの2点は重要なんだと私の観察眼が分析しました。


息子のためにも、娘のためにも、なんとか踏みとどまりたい!!

かっこいいと思われなくても、せめて、かっこ悪いと思われたくない!!


ということで、昨日はアイスを2個も食べてしまいましたが、強い決意のもと今後の摂生を誓います。

やると決めたらやる。


や・・・やれるか?

いや、やるぞ!!!!!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP