そんなのマジでカッコよくない。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


自己プロデュース力って大事だな〜と思います。

別に取り繕ったりしたり、ことさらに自分を良く見せるとか、そういう事ではありませんよ。

より自分を効果的に「魅せる」というのが表現としては近いかもしれませんね。


サラリーマンとして、会社の中だけの狭い狭い世界で生きて行くなら構いません。

でも、そういった狭い枠から飛び出して生きるならば、ネットで何か自分を表現するのは絶対に避けられない時代です。

むしろ編集者の箕輪さんみたいに、サラリーマンであっても縦横無尽に自分を表現した方が、仕事が無限に広がると思います。


まあ、表現するっていうのはネット上に限りませんが、どんな個人にでも同じように門戸が開かれてるのがネットです。

そんな感じで誰でも表現できる時代であるからこそ、自己プロデュース力ってのは大事だと思うんです。


一般的な話から急に我々界隈の世界の話になりますよ。

何でここまでクソみたいなプロダクトローンチだらけになってしまったんだろうかって考えたわけですよ。

それはコンテンツホルダーやメルマガ・ブログを書いている情報発信者の、自己プロデュース力が極めて低いからだと思ったんです。


以前ってコンテンツを販売するにしても、プロダクトローンチをやるにしても、みんな全部自前でやっていたんですよ。

たった1人でとは言わずとも、プラスαちょっとした仲間の協力ぐらい。


でも、最終的なディレクションは自らが行う感じでした。

最初の絵は自分で書きますし、最終的なOK・NGも自分で出す。

なので、作戦練るのも自分なら、前面に出るのも自分なわけです。


だけど、最近って自己プロデュース力を持ってる人がいないわけですよ。

となると、プロデューサー的な人がいて、コンテンツホルダーは全てをそこに任せてしまうわけなんです。

そこに来て最近驚いたのは「どんなシナリオでも文句言いませーん」みたいな契約書にサインさせられるんです。


それでさ、プロデューサーもアーティストを長く育てるように、しっかりと将来を見てプロデュースしたらいいですよ。

でも、そんな視点なんて全く無い。

とにかく売れればいいだけ。

とにかく売れればいいだけだし、自分が出るわけではないから、コンテンツホルダーに滅茶苦茶に芝居じみた事をやらせる。


あれは、ダサいわー。

やらされてる感見え見えのダサいわー。


ご本人よ、マジでそんなんでいいの?


さらにだ。

最近は無駄にプロジェクトも大きくなっているんですよ。

全体見るプロデューサーがいて、リストを集めるチームがあって、動画を撮影編集するチームがあって、レターや動画ページを作るチームがあって、さらに電話クロージングのチームがあったと思ったら、あげくにサポートのチームがあったりする。



そして、これが全部別々の会社だったりするんですよ。

ひえ〜。

そんな感じで規模を大きくして売上も必死に大きくして・・・

それで、何社かで分配するでしょ。


これって無駄じゃね?

一社でコンパクトにキャンペーンをやった方が機動性が高いし、色んな所で無理しなくてもいいし、収益性も高くなると思うんです。


分業体制も、それはそれでいいのかなぁ。

でも、無駄なコミュニケーションや、色んな齟齬が起こると思うんですよね。


無駄は100歩譲っていいでしょう。

それしかできない会社が、プロジェクトのおかげで仕事にありつける事もありますし、専門化してるからこそレベルが上がるかもしれませんし。


だけど、ヤバいと思うのは

・コンテンツホルダーの意思はプロジェクトに反映されない

・コンテンツホルダーの得る金銭的利益が超少ない

・プロジェクトを支えるために無理やり売りを作っている

・不要なモノを高額でたくさん売るようになる

こういった点なんですよ。


あ〜、これはマズい。

マズいですよ。

「暴走」と呼べるレベル。


この「暴走」は誰かが引き起こしているのはなく、体制が起こしてるんでしょう。

業界のサイズ、コンテンツの許容量、指導者となるコンテンツホルダーの器、こういったモノに対してオーバーマーケティングだと思うんです。


だけど、冒頭に行った通り、諸悪の根源というのは自己プロデュース力の無さです。

売れそうなコンテンツができたら、マーケティングができる会社に行って「プロデュースお願いしまーす」みたいな感じになるじゃないですか。

そして、ウケそうなコンテンツならビッグチームが組成されて、オーバーマーケティングが始まる。

ここ数年そんな感じ。


それじゃあダメなんです。

コンテンツホルダーってさ、みんなゼロから頑張ってきて何らかの結果を出すわけでしょ。

そして、さらに実践を重ねる事で、ノウハウに磨きをかけてオリジナリティを生み出して行く。

そのオリジナリティの再現性を何度も検証して、コンテンツとして世に出せるものになるわけ。


私はFMCを3年半やってきて、その血の滲むような努力をする多くの姿を見てきています。

そこまで頑張って、その先にピローンじゃもったいない。


こうなった時に大事なのが、自己プロデュース力だと思うんです。

自分自身をプロデュースして、自分のコンテンツをプロデュースする。


そりゃあ、勉強すべきことがたくさんあるので大変ですよ。

今までと全くやる事が違うので、悩む事もあると思いますよ。

だけど、そこは頑張った方がいいです。


プロデュースを誰かにお願いして、こっぱずかしい小芝居をやらされて、アンコントラーブルな世界に放り込まれて行くより絶対にいい。

そんなのマジでカッコよくない。


オーバーマーケティングをかまして10億円とか売り上げるよりも、自分で悩みながらも頑張って進んで3000万円を売り上げる方が、尊いと思うんだよな〜。


尊いというか世界平和ですよ。

全て自分のコントロール下ですし。

不必要な人に不必要な商品を無理に売る必要はないですし。

何かあっても全て自分の責任ですし。



でも一番は・・・

自分の考えや意見や存在や、いわゆる「世界」みたいなのを自分自身で表現できる事

これが重要だと思うんです。


こーんな良い時代に生きているのに、ここを放棄するのはもったいない。

こと我々の世界の話で言うと、プロジェクトを組まれてしまってオーバーマーケティングをされると、自分の「世界」なんてズタボロです。

完全におしまい。


プロデューサーに作られた「自分の世界」をその後も生きる器用さを持っていればいいですよ。

まあ、でもそれって幸せなのかな〜。

短期的に数千万円とか億とか入って、でも、そこに自分はいないみたいな、そんなのでいいのかな〜。


ずっと、自己プロデュースをしてきた私が昨今のローンチを見てきた中で、そんなことを思ったりしているわけです。


プロデューサーが優秀だったらいいですよ。

私の『クビでも年収1億円』をプロデュースしてくれた長倉さんみたいに、その書籍一点の話だけではなく、後のビジネス、ひいては人生までちゃんと考えてくれればいいです。

でも、ローンチとかをやる人に、そんな凄い人なんていないです。

みーんな目先だけ。お金だけ。


だからこそ、自己プロデュース力をつけていこうではありませんかと強く思うわけなんですよ。

そうじゃないと、この業界だとかなり大変なことになっちゃう。

先が無くなっちゃう。



自己満足の追求をする人生が、死ぬ間際に最も後悔が無いと思います。

もちろん、他人に迷惑をかけない形での自己満足ですよ。

その自己満足の追求をするためにも、他者からのコントロール下に置かれた状況にいちゃダメですよね。

自分の事を自分で表現できなくなるって、かなりヤバい状況ですから。


そんな事を思う今日この頃でした。

自己プロデュース力。

しっかりと考えていきましょう。

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

??小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP