大人は新しい事から逃げてしまう。

私の主宰するビジネスコミュニティ・FMCでは、今月は「コンテンツを完成させろ」と発破をかけています。

年末ということで気合いを入れたのですが、それもあってチャットが活発になって、とっても良い感じなんですね。盛り上がっています。

その盛り上がりのチャットで、気になる一場面がありました。

コンテンツ販売の場合ですと、PDFや動画でコンテンツをお渡しすることが多くなります。それで、私はPDFはWordをPDF化したら良いよーと、みんなにお伝えしていたんですね。

そうしたら、「PDFでExcelも不都合ありますか?Word使ったことないのですが…」というチャットがありました。(ごめんなさい、Sさん。Sさんを個人批判しているのではなく分かりやすい例として使わせてください。心から応援しているので許してください。)


これ、大人はやってしまいがちです。

例えば、子どもに「コンテンツをPDFで配布するときはWordをPDFにしましょうね。」と言ったらその通りにします。

PDFを作ったこともなく、Wordも使ったことのない子どもです。全くやったことのない、100%新しい事をやっていく。

ですが、大人ですと「PDFでExcelも不都合ありますか?Word使ったことないのですが…」と言われた通りにやりません。

もしくは、Word知らん!とハナからやらないか。言われた通りにやらないというか、新たしい事をなるべく避けて、これまでの経験の中で何とかやっていこうとするんですよね。


こういう人、本当に多いです。

大人として何となく人生を長く過ごしてしまうと、日々がルーティン化されます。すると、新しい事に取り組む時に大きなストレスが起こり、それを避けてしまうんですよ。

明らかにWordをPDF化した方が、読みやすいコンテンツになります。Excelで文章を書くってのは、普通の使い方ではないですから。それでも、内容が伝わるといえば伝わるので究極それでもいいんです。

でも、私が問題だと思ったのは、これまでの経験内でなんとかして新しい事を避けてしまう点。

はっきり言ってインターネットを使って、情報発信してコンテンツを販売するなんて、新しい事のオンパレードです。これまでの人生で、やっていない新しい事が、次から次へとやってきます。

ですので、Wordを使うことからすら逃げてしまうマインドでいたら全く先に進めなくなってしまうんですね。


さきほども言いましたが、WordでもExcelでも究極言ったらどっちでもいいわけです。レイアウト的に見辛いかもしれませんが、内容は普通に伝わりますから。

それよりも問題に感じたのは、新しい事から逃げる姿勢ですよね。

新しい事 

分からない

すぐ諦める


ネットビジネスを始める人って、こんな感じですぐに消える人が多いんですよね。

新しい事が分からないのは当たり前のことですよ。それが、分かるようになるから稼げるようになるんだし自分が成長していくわけです。


このような話をしていき、「「PDFをExcelで」の件でもたくさんコメントでました通り知ってることで何とかしようとすること自体が成長の終わり自分としては新たなことを知る・勉強することは好きなので苦手なことからも目を背けずにいきますね。」最終的にこのようにまとまりました。

良いですね!良いですね!

これまでに経験のない、新しい事にチャレンジする心を、しっかり持てば上手くいきます。

これは間違いないです。

先ほども言ったように、上手くいかない人っていうのは、新しい事から逃げてしまうので。分からん!とすぐに放り出しちゃう。


ちょうど一ヶ月前に、このようなツイートをしていました。


今回の出来事とリンクする内容ですよね。


「お金を稼ぐ」って事になると、そこにフォーカスしてしまうのは、もちろん自然な事です。

ですが、未知の事へ取り組む楽しみ、子どものような純粋にワクワクと心躍る感覚。こういった部分に目を向ける事で、より早く「お金を稼ぐ」という結果にたどり着くことができると思います。

結果を出す人、特に大きな結果を出す人は、未知の事へ取り組む際にはストレスではなく、アドレナリンが出ている感じですよね。私もそうですし。

ただ、そこにたどり着かないまでも、「新しい事から絶対に逃げないぞ」と自分に言い聞かせるのが良いでしょう。

うん、がんばろうぜ!!Sさん、期待していますよ!!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP