映像関係で一旗揚げたい人はいませんか?

「好きなことで生きていく 3STEP メソッド」

こちらの講義が2/17よりスタートします。

今、一発目の講義を最強にすべく、ブラッシュアップを重ねている毎日。

痺れる講義になると思いますので、参加される方はご期待ください。


「好きなことで生きていく」という、今回の新しい講義のテーマと「フロントライン」という私の核。

この2つを追求していく姿を見せようと、私も2019年は新たなチャレンジをします。

誰もやったことがないような、奇抜でエキサイティングなチャレンジ。

そのチャレンジの相方を今探しています。


今の私の会社の事業とは全く別軸で、チャレンジしていきたいので、社外で相方を探そうと考えています。

人づてに探していくのもアリですが、せっかく媒体力があるので、広く呼びかけてみようかと。


私が探しているのは映像製作ができる人間です。構成、撮影、編集の全てができる人間を探しています。

うちの映像担当・大野くんがベストであるのは間違いなのですが、これやったら社内の仕事が全く回らなくなっちゃうんですよね。なので、社外でと。


とあるスポーツの、とあるチームの大いなるチャレンジを、1年間追いかけて行きます。

こういうのはアイディアが全てだし、後々にドーンと勝負を仕掛けたいので、詳細に関してはまだ言えません。

ごめんなさい・・・

ちなみに「YouTuberをプロデュース!」みたいな安易な話ではなく、もっとワクワクする企画だというのは、しっかりとお約束いたしますよ。

そうじゃなきゃ、私がこんな感じで挑戦そのものをぶち上げたりしません。


「挑戦」というくらいなので、100%うまく行く保証はありません。

大きな話題になるかもしれないし、全くもってコケるかもしれない、

大きなお金になるかもしれないし、全くもってコケるかもしれない。

いや、もちろんコケないような戦略をしっかり練っていきますよ。でも、未来なんて誰も分かりませんから。


そんな小玉のチャレンジに乗って、共に1年走り続けてくれる相方募集です。

構成、撮影、編集ができて、気合いと熱量が高レベルであって、フットワーク軽く、野心のある方を全力で募集していたいと思います。


一世一代の大勝負だと思って、私に人生をベットしてください。

この挑戦が実を結んだ時には「映像で一旗揚げる」事になるのは、間違いないと確信しています。


とりあえず、お金のことは置いといて、小玉とワクワクするようなことを一緒にやりたいって人が良いですね。

本当に1年間深い関係で、がっつり関わりますから。

私の活動の裏側を全て共にできますし、それこそ一生の仲になるはずです。

なので、仮にこの企画が滑ったとしても、今後の人生は面白くなるでしょう!


ということで・・・

「詳しく話を聞きたい」という人は、私にメールを下さい。

・お名前
・お住まい
・自己紹介
・これまでの作品

とりあえず、これがあればオッケーで、他にも情報はあればあるほど嬉しいです。


メールアドレスは、

ayumu@flmk.jp

です。


熱量高く、仕事のデキる方のご連絡をお待ちしています。

一緒に新しい事に挑戦しましょう!

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP