カエルさん

いや〜〜本当に改めて思います。

やっぱり「行動させる」って、とっても難しいですね。


せっかく何かを教えるならば、結果を出して欲しいですよね。自分が教えたノウハウを実践して、何か素敵な変化を見たいですよね。

指導者なら絶対にそう思うはず。自分が持っているノウハウを披露しただけで満足するなんて、そんなことは無いでしょうよ。


やっぱり、教えるからには結果を出させてこそです。そのためには教えるだけじゃなく、行動させる所までやれないと指導者としてはダメなわけです。

その「行動させる」ってのが、本当に難しいんですよね。どうしたものか・・・。


私って大事なことって1〜2年前くらいから、言い始めたりするんですよ。

その時にしっかり取り組めば、ネットビジネスの変化の波も悠々と乗りこなせるはずです。準備期間がありますからね。

でも、殆どの人って、とうとうヤバくなってから右往左往するんです。


これ完全に茹でガエルですよね。

茹でガエルの話って知ってます?

熱湯の中にカエルを入れると、びっくりして飛び出ます。でも、冷水にカエルを入れて、少しずつ加熱すると水温上昇を知覚できずに死ぬって話です。

この後者のカエルみたいな感じで「まあ、まだ全然大丈夫っしょ」みたいな感じでいるんですよね。それで、ある日突然・・・みたいな。


例えばの話。

ツールを使った転売は、割とすぐに稼ぐことができます。ざーーーっと、大量に何かする系のツールを使った転売です。

メルカリでツールを使って稼ぐなんて、結構前に流行ったりしましたよね。ただ、その手法で稼ぎ続けるなんて絶対に有り得ない話なんです。ツールを使って簡単に稼げるなんて、そんなもの続くわけがありません。

まずは、それで稼ぐのは良い。50万円でも100万円でも稼げるうちに稼いだら良いんです。ですが、そのままではダメで、しっかりとした物販に移行したり、情報発信をしないといけないよって言い続けていたりしました。


その時に動いた人って、どれだけいたのでしょうか。


結果ですよ。

そのツールを使った転売の手法が、ニッチもサッチもいかなくなって、多くの人が退場してしまったわけです。

そうなる前に中古の転売だったり、ネットショプだったり、正規商流の物販だったり、進む道はいくらでもありました。もちろん、情報発信をするのも良い道だと思います。

でもね、稼げちゃってるから、新しく何かをやらないんですね。


そうこうしているうちに、規制がだんだん厳しくなってきて・・・


まさに冷水から少しずつ加熱されるような感じですよ。

気づいたら手遅れ。アカウントが飛んでしまって、何もできなくなっちゃう。新規のアカウントも作れない。

そうなってしまった時に、ツール任せの転売しかやってこなかったので、何の力もついていないわけです。ですから、そのノウハウが使えなくなったら完全に終わり。

ゼロですよ。それで稼いでいる間に、何かしら新しい挑戦をしていたら、ゼロにはならなかったのに。


そういう姿を何度も見てきたし、そうならないために色んな事を、しつこく言っているんですよね。

特にFMCの仲間に言ってる事って、全てそういった類の話ですよ。


Facebook広告使って集客しましょうね〜。

何年前から言っていたかしら?そして、何人がまともに実践しているかしら?


LINEステップ構築しましょうね〜。

これもいつから言っていたかしら?そして、何人がまともに実践しているかしら?


Twitterを頑張っておくと熱いですよ〜。

半年くらい前から言ったかな。継続的に力を入れて、やり続けているのは何人かしら?


日刊メルマガ書きましょうね〜。

これは最近かなり言っていますよね。何人が真剣に捉えてくれたかしら?


そんなもんなんですよね。

今、ちょっとうまく行っていると、次の一手を打とうとしない。

新しいことはめんどくさいからやらない。


さてさて・・・1年後どうなっているでしょうか?


私って大爆発はあまりしないけど、危機回避能力は極めて高いんです。

他の人がヤバそうな状況に陥っても、私はそれをスルリとかわします。

そのアンテナがあるゆえに、上記のことは伝え続けているんです。


わかるよ。めんどくさいんだもんね。

新しいことだし、めんどくさいし、毎日頑張らなきゃいけないから、それをやるのって大変だよね。


でも、それやったら勝ちだから。やったら勝ち、やらなきゃ死。そのくらいの感覚ですよ。


先月末にこんな記事を書きました。

今更ですが今年の行動指針を決めました。




私は、これをしっかり守って2019年を、やり切っていきますよ。

今の所は良い感じで進むイメージしかないです。


私から見たら、その程度の実績と実績で、よくのほほんとしてられるな思います。危機感無いなーって。

サラリーマンでお給料が月100万円とか200万円とかならナイスですよ。でも、個人事業主なのに、その程度ってのは休んでる場合じゃない。常に次を見据えていかないと。


まあ、危機感ってほどじゃないけど、私は適度な緊張感は常に持っています。

そういう世界にいるってことを、もっと自覚して欲しいなと思います。

明日、突然死んでも知らないよ?

Profile

名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

→小玉歩 公式メールマガジンはこちらから

Profile


名前:小玉歩
性別:男性

1981年生まれ、秋田県出身。

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。

この経験を書籍として出版した『クビでも年収1億円』(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。

その後も出版依頼が殺到し『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』(幻冬社)、『仮面社畜のススメ』(徳間書店)、『あなたはまだ本気出してないだけ』(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。

現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No.1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。

経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

小玉歩メッセージ

今日

週間

PAGE TOP