マスターマインドのエントリーは本日が締め切りです。

profile img

小玉 歩

投稿 更新
Category:
Frontline Works

contents section

Share
この記事は約12分で読めます。

マスターマインドのエントリーは、本日が締め切りになります。

↓ ↓ ↓

https://frontlineworks.jp/mm/

マスターマインドのエントリー条件に、年商3,000万円以上というものを記載していたんですね。

このへんの年商で苦労している人が多いかなーと思っていて、一気に1、2億円までもっていってあげようかなとしていました。

ただ、フタを開けてみたら、今のところエントリーしている方は全員年商2億円以上でした。

最大は年商5億円。

何でかなって考えてみたんですけど、恐らく年商2億円とか5億円くらいのレベルの経営者になると、リターンが確実に見込める投資としてマスターマインドを見ているなと感じたんですよね。

要は小玉の能力を正確に把握し、自身の事業に小玉の能力を使えば、これくらいビジネスが成長するだろうと。

その成長を考えたときに、500万円って余裕でペイできるよねとイメージができているわけです。

普通に数千万円とか1億円とか、売り上げが増えるイメージがあったら数百〜数千%のリターンなわけです。

そんな投資しないわけありません。

これ、月に50万円以下で小玉と顧問契約を結ぶような感じですよね。

でも、僕は結果を追い求めるタイプなので、形だけの顧問契約とは当然レベルが違うコミットです。

そしたら、安いですよ。

逆に年商3,000万円くらいだと、マスターマインドの募集を見たときに2つの反応があったと思いました。

1つは己の能力不足のためにマスターマインドのリターンが想像できず、500万円を投資ではなく出費と考えてしまう感じ。

まあ、これは仕方ないですよね。

これに申し込んだら自分の事業が伸びるというイメージがつかないから「500万円を支払う」という部分だけに意識が行ってしまうんですね。

僕としては年商3,000万円くらいあれば、基礎は整っているので年商1〜2億円は早いかなと考えていました。

現時点で年商がうちの月商以下ですから、余裕で僕のイメージの範囲内なんです。

ちなみに、これビジネス系だからとか全く関係ないですからね。

今、エントリーしている方って、ビジネス系以外ばっかりですし実業の方もいらっしゃいます。

ビジネス系・・・稼ぐ系だから簡単に売り上げが立つんでしょ?とか考えていたら大馬鹿者です。

ガチガチの情報商材屋の能力を舐めてはいけません。

今の時代、この能力はあらゆるビジネスに転用可能です。



ただ、イメージできないのであれば、そこにたどり着けないわけでもあるので、この先もかなり厳しいでしょうね。

まあ、それはそれだ。

そして、もう1つの反応は「自分の力で頑張ろう」という感じ。

これは、はっきり言って時間の無駄ですね。

この考え方で謎に苦労を続ける人って、ドMなのかなって思います。

何でなのでしょうね。

ビジネスがブレイクスルーする時って、必ず誰かの力を借りた時なんですよ。

過去の僕はそうでした。

「これだ!!」というコンサルに申し込み、その人の思考に日々触れ続けることで、これまでの自分に無いものを手にする。

そうですね・・・

例えば出版ですね。

1冊目の『クビでも年収1億円』を出すときに、僕は出版コンサルに申し込みました。

記憶が定かでは無いんですけど、確か10万円かそのくらいの出版セミナーに行ったら、出版塾のオファーがあったんです。

その出版塾が50万円〜70万円くらい。

ちょっと、記憶怪しいです。

そして出版塾に入ったらコンサルのオファーがあって、確か200万円だったかな。

秒で申し込みました。

1つ目の投資に対するリターン、特に金銭的なリターンは、このときには無視していました。

とにかく売れたかったんですよ。

お金が儲かるとかどうでもよくて、何が何でも本をヒットさせたかった。

そしたら、中途半端にセミナーだけとか塾だけとか、マジでもったいないですよ。

本当に意味がない。

最上級のサービスに申し込むのが、一番良いに決まっているじゃないですか。

だって、最も近くで長時間に渡って、考えに触れ続けることができるんですから。

これで結果が出ないって無いでしょう。

で、やっぱり塾の時には出てこないノウハウだったり、作戦だったりを聞ける訳です。

これって隠していることも、隠していないこともあると思います。

何となく塾では言っていなかったことで、でも長い時間を共にすることで、本人の口から出たときに「え、それヤバくないですか?」みたいな。

それ凄いノウハウじゃんと。

あと、さっきも言いましたが、隠していることもありますよね。

マジで数名にしか話せないノウハウとか。

もちろん、僕にもありますし、これまで僕が申し込んだコンサルでも、やっぱりいくつもいただけました。

だから、そういった他の誰も知り得ない、ガチのノウハウも積み重なっていく。

そうして『クビでも年収1億円』は、シリーズ累計15万部を超えたわけです。

マジで人生が大きく変わりました。

最高です。

この時に中途半端に出版塾だけでやっていたら、マジで中途半端に2万部とかの売り上げで終わったと思いますよ。

当たり前ですけど、同じ人が教えていて塾の懇親会とか参加しまくったりしても、いざガチのコンサルを申し込んだとなると何か全く別物なわけですよ。

芯の部分に触れられたというか。

たまに会って話を聞くのとは次元が違いますよ。

たまに会って話を聞くだけでも大きなヒントを得られるというのに、それが「たまに」じゃないですからね。

そりゃ、一気に行ける。

だから、いつも僕は何かのサービスに申し込もうとする時には、最上級のサービスを申し込みます。

松竹梅の真ん中の「竹」を選ぶなんてしません。

竹と松の差っていうのは、とんでもなく大きいわけです。

これを知っているか知っていないかで、人生の可能性は大きく変わると思います。

ここケチって中途半端に終わる人多いのは間違いないですよ。

だって、みんな「竹」を選びますもん。

もったいないよね。

だったら「梅」だけかじったほうが、まだコスパ良いと思います。

ちなみに、僕にはずーっと何かを教えてくれる、師匠みたいな存在はいません。

ですが、ポイントポイントで「これは!」というサービスの最上位コースに申し込んで、その度に大きな成長をしました。

もちろん、金銭的リターンも得ています。

だから「信じる人のより近い場所に行け」って昔からずっといっていますが、間違いないんです。

僕が、そうやって結果と能力を積み重ねることができたわけですし。

チマチマとやる人を見ると、人間が平等に持っている最も価値の高い「時間」という資産を無駄にしていると感じます。

大経営者でも、大富豪でも、その辺にいる普通の人でも、1日24時間は平等なわけです。

だから、マジで「時間」って貴重。

これがわかっていない人って「自分で頑張ろう」と考えますね。

いや、精神鍛錬や修行をしているわけじゃないのよ。

僕らビジネスをしているんだからね。

そこを勘違いしてはいけないんです。

チマチマと進んで、しかも目的地にたどり着けるかどうか分からないようなことをするのって、時間を無駄にしているだけです。

もしくは精神鍛錬か修行。

だったら滝に打たれた方が効果あるぞ。

こんな感じで年商3,000万円の経営者と年商2億円を超える経営者の違いは、めちゃくちゃ大きいんだな〜と感じました。

年商3,000万円あたりで留まってしまう人と、年商2億円を超える人の違いっていうのは、努力の量というよりも考え方とそれに基づく行動の選択肢の違いですね。

だから、そもそも考え方がズレてるので、努力をしたとしても無理は無理なのかと。

努力の限界なのかな。

そりゃ、数字も伸び悩みます。

これが、僕も信じられないくらい浮き彫りになりました。

ですから、当初僕が考えていた「年商3,000万円くらいの人が年商1億円越えを目指してマスターマインドに来る!」というのは無いような感じです。

すでに億超えをしている人が、さらにビジネスを拡大する目的で小玉を使うようなイメージでしょうか。

差が開きますね〜。

500万円ってそういう料金なのかもしれないです。

そう考えたら、過去のメンタークラブのメンバーってマジで気合入っていましたね。

気合だけじゃなくて賢さがある。

ちゃんと計算ができるし、ある意味打算的なのかもしれない。

そりゃあ、ビジネスも伸びます。

最近は、ああいうのがいなくなって、みんなこじんまりとしちゃった。

時代だね。

そんなこんなで、マスターマインドのエントリーは本日が最終日。

イケている起業家との出会いを、僕は楽しみにしています。

僕と一緒に、仲良く元気に、あなたのビジネスを拡大させましょ​う。

↓ ↓ ↓

https://frontlineworks.jp/mm/

Category:
Frontline Works

特別講義を無料で公開中

私らしく起業したい人のための「オンライン講師」養成講座という講義動画をお送りしてます。 この記事を気に入ったら、ぜひ動画を受け取ってください。
私らしく起業したい人のための「オンライン講師」養成講座という講義動画をお送りしてます。 この記事を気に入ったら、ぜひ動画を受け取ってください。

この記事を書いた人

writer

profile img

小玉 歩

ネットビジネス界の異端児。一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ会社をクビに。この経験を書籍化した『クビでも年収1億円』はシリーズ累計15万部を記録する。 現在はWEBマーケティング全般を手がける会社を経営し、ビジネスコミュニティの運営、コンテンツビジネス、通販事業を展開。「本当の稼ぐ力を身につけ、人生を良い方向へ変える」をモットーに、個人起業を支援する情報発信に力を入れている。

related post

関連記事

  • ビジネスにおいて、最も重要なのは何か?

    ビジネスにおいて、最も重要なのは何か? 最も重要なのは…って言われると、なかなか決め難いですよね。 人それぞれ考えがあるので、正解が何かは分かりませんよ。 ただ、僕が最も重要視して、こだわっているのは集客です。 もちろん、良い商品を作るとか良いサポートをするというのはちゃんとやっていきます。 だけど、常に研究をし続けて良い方法を追い続け、改善を続けているのが

  • 成功するために重要なのは「これ」ではない

    何かで成功するために重要なのって「執念」ではないでしょうか。 成功というとおおげさなので「上手く行くこと」くらいが、表現としてちょうどいいですね。 大きな目標もそうですし、日々の小さな目標もそう。 結局、執念だよなーと。 転売ビジネスをやっていて、利益の出る商品が見つからないって人は結構いますよね。 でも、それって見つかるまで探してないだけじゃん?っ

  • 7月はこのくらい稼ぎましたよ!

    8月に入りましたね〜。 僕は夏が大好きで「夏よ来い!早く来い!」と冬からずっと思っているわけですが、いざ夏が来て8月になると夏の終わりが見えてくるので寂しくなってしまいます。 まあ、それ以前に今年も去年もコロナ禍で夏を楽しむって感じにもならないんですけどね・・・ そんなコロナ禍でもフロントラインワークスメンバーはビジネスをしっかり頑張っています。 どんな感じで頑張

  • エコノミストに掲載されました。

    エコノミストのウェブ版に、僕のインタビュー記事が掲載されました。 JAXA、ネスレ、小玉という、あり得ない並びなのが、とっても素敵なコーナーです笑 以前は変なこだわりというか「メディアに出ても意味ないだろ、大事なのは実力じゃないか」なーんて思っていました。 それで、テレビ出演とかも普通にスルーしていたんですね。 マジで青臭いこだわりだぜ! でも、こうやって掲

  • 260万再生で60歳のオジサンがヤバいこ

    SNSを全く使いこなせなかった60歳のオジサンが・・・ TikTokに動画を上げたら260万再生とヤバいことに。 しかも、上げた動画は、たった2本なんですよ。 えー、凄すぎるー!! ということで、インタビューしてきました。 実は、この宗方さんとは別に、もう1人180万回再生になった人がいちゃうんですよ。 しかも、アカウントを作って1本目の動画で18

  • 家族全員でコロナに感染しました。

    実は3月末から4月にかけて、コロナに感染していました。 しかも!! 家族5人全員!! いやー、オミクロン株の感染力はガチですね。 マジで簡単にうつります。 今までインフルエンザだったりノロウイルスだったり、子どもから僕か妻のどちらかが、うつったことはありました。 ですが、家族全員が同じものに感染したのは初めてですよ。 最初に小学校3年生の